生活を豊かにするもの。ガジェット。Apple製品情報多め。

ガジェ道

Apple 製品

Apple Watch Series 5を1ヶ月以上使用した総合レビュー。iPhoneユーザーならぜひ購入を検討したい神アイテムです。

投稿日:2019年11月23日 更新日:

バカロカ
こんにちは!平成最後のガジェット界の麒麟児、@バカロカです!
今回はApple Watch Series 5を1ヶ月以上使用しての総合レビューです。

Apple Watchは最近はやりのウェアラブルデバイスとしてAirPodsと同じく人気のデバイスです。

スマートウォッチの分野ではダントツで人気なのが「Apple Watch」シリーズです。

Appleお得意のエコシステムにより、iPhoneとの連携が行き届いているのでiPhone所有者なら是非購入しておきたいデバイスのひとつです。

そんなApple Watchから9月中旬にiPhone 11 Pro Maxと一緒に最新シリーズのApple Watch Series 5が発売され始めました。

私バカロカはApple Watch Series 5を10月中旬にアメリカにiPhone 11 Pro Maxを購入しに行った時に一緒に購入してアルゼンチンに帰国しました。

今回はそんなApple Watchを実際に1ヶ月以上使用しての総合レビュー記事になります。

この記事は

  • Apple Watch Series 5の購入を検討している方
  • Apple Watch Series 5の詳しい使い方を知りたい方
  • Apple Watch Series 5がどんなものか知りたい方
  • 以上の方に向けて書いていきます。

 

Apple Watch Series 5購入経緯

Apple Watch Series 5購入の経緯は以下です。

もともと私は腕時計が好きで日本にいた時はつけていましたが、アルゼンチンに来てからは全くつけなくなりました。
腕時計をつけている人が少ないので、目立ちやすいのと、電池が切れて変えるのが面倒だからです。
あと日本に比べると高くつくし、信頼できないからです笑

しかし最近は社畜に転生したこともあり、時間をしっかりと管理する必要があります。

いちいちスマホを取り出して時間を確認するのは優れたビジネスマンでもある、私には見合わないので時計が再び必要になりました。
でもせっかくAppleから新しいApple Watchが発売されたことですし、アメリカにiPhone 11 Pro Maxを購入しに行った時に一緒に購入することにしました。

Apple Watch Series 3が大幅に値下げされましたが、個人的にはディスプレイの常時オンとコンパスが気になったので、新発売値段でも購入することにしました笑

Appleのエコシステムに加えてデザイン性の高さから通常の腕時計でなく、スマートウォッチである「Apple Watch」を購入することにしました。

Appleエコシステムという魔境。一度組み込まれたら抜け出せない恐ろしい仕掛け。
Apple厨とはじめるやさしいApple製品の購入講座レッスン1。全てのサービスを統一できるApple。

購入時

アメリカ滞在3日目の2回目のApple Storeで購入しました。
シカゴのApple Storeは混雑しまくっていていたので、ゆっくりと考えながら購入できるように友人の家の近くのApple Storeに行きました。

お金持ちのエリアでApple Storeの周辺のお店は服でも余裕でApple Watchよりも高いものばかりでした笑

Apple Storeでゆっくりと吟味しながら、ある程度調べておいた購入予定のものを確認していました。

https://www.apple.com/jp/

1時間ぐらい吟味したのちに購入したのは、「Apple Watch Series 5 スペースグレイアルミニウムケースとスポーツバンド」のGPSモデルです。

このモデルを購入したポイントは以下です。

Apple Watch Series 5購入のポイント

  • アルミニウム→値段を抑えるため。どうせケースをつけますしおすし
  • スポーツバンド→汗かいても拭けるから
  • 44mm→画面サイズが大きいに越したことはないから
  • GPSモデル→iPhoneと一緒に携行するから

実際に1ヶ月以上使用してみても、上の購入ポイントで購入してよかったと思います。なんの後悔もない買い物は気持ちいいものです。

 

Apple Watch Series 5開封

Apple Watch Series 5を購入したその夜に友人の家で開封しました。

Apple Watch Series 5を購入した時点での感想ですが、最高に購入欲を満たしてくれる箱です。
ウォッチのモデルとバンドは別のケースで、最後にひとまとめにされますが、どれも最高におしゃれです。

今回は自腹でなんの記念日とかでもなく購入しましたが、誕生日やクリスマスプレゼントでもらったりしたら最高に興奮すると思います。

Appleはジャケ買いしたくなるようなシンプルな箱も魅力的です。(購入するまでは見えませんが笑)

開封して、バンドをApple Watchに装着してみました。

ええ、最高にイカスじゃないですか。
長いこと腕時計から遠ざかっていましたが、スマートウォッチで復帰しますが、やっぱりデザインがいいです。

この未来的なデザインのおかげでもう一度腕時計をつけようと思えるようになりました。

 

Apple Watch Series 5レビュー

Apple Watch Series 5を1ヶ月以上使用しての総合レビューのポイントは以下です。

Apple Watch Series 5のレビューポイント

  • デザイン
  • WatchOS
  • エコシステム
  • iPhoneとの連携
  • バッテリーライフ

各ポイントについて書いていきます。
記事の最後に各ポイントを○、△、×で評価、どういった方が購入するべきかを書いておりますのでぜひ最後まで読んでくださいね笑

 

デザイン

Apple Watch Series 5のデザインは最高です。
通常の腕時計のようなフォーッムを好む方もいますが、私的にはこのスクエア型のほうがスマートウォッチの未来感が出ていてかっこいいです笑

Apple Watch Series 5は竜頭にプッシュボタンだけとシンプルなものですが、近年のほとんどのデバイスのベーシックなタッチパネルですので操作性は抜群です。

操作を快適にすることも見通して44mmモデルを購入しましたが、今の所 文字入力以外は快適に操作できています。
文字入力は時計ですることではそもそもないので、気にしません。

バカロカ
よく使う言葉を登録しておけば、そこから返信もできますし。

文字盤のデザイン

Apple Watchの楽しみとしては文字盤の変更があります。
これは通常の腕時計ではできず、スマートウォッチならではの機能です。

デザインは選べるしアップデートされていくので、好きなデザインを気分や場面によって変更できるのがスマートウォッチの醍醐味です。

私が使用している文字盤は今のところ3つだけです。

文字盤①

こちらの文字盤「Infograph」を一番使用しています。

Infographを一番使用している理由はシンプルに表示できる情報が多いからです。

左上にはカレンダーアプリの「Fantastical 2」に右上にはタスク管理アプリの「Things 3」を表示しています。

時計上部にカレンダーとタスク管理アプリを表示させることでより管理能力を高められます。
予定やTo-doを見逃すことがとても減りました。

スマホではロック画面や通知スクリーンで表示されますが、 腕時計に表示させるほうが、時間も予定も確認できてちょうどいいです。

そのほかはよく使用するアプリの「天気」、「気温」、「日付」、「ボイスメモ」に「バッテリー残量」を表示させています。
日常感丸出しですが、すぐにアクセスできてその日の情報などを確認できるので超便利です。

特に朝ぎりぎりの時などに、移動中にスマホを取り出さなくても天気や気温を確認できるのが特にお気に入りです。

通勤中からミーティング以外の時はこの文字盤です。

文字盤②

こちらは社畜らしくビジネスシーンでの文字盤「California」になります。
シンプルに時計と日付だけを表示しているので、スタイリッシュで常時時計をオンにしていてもガジェット感が出ないのがポイントです。

ちゃらちゃらしていない大人の感じがでていますね笑

文字盤③

最後に完全にプライベートの時専用の文字盤です。
完全にポップです。

文字も大きくて見やすいのがポイントです。

あと、遊び心があるのがお気に入りです。

デザインについて

  • Apple Watchは文字盤を切り替えられる
  • ビジネスとプライベートのシーンを簡単に切り替えられる
  • 文字盤を変更・加工する楽しみがある。

Apple Watchシリーズは文字盤を切り替えられるため、ビジネスとプライベートのシーンを使い分けられます。
そして何本もの時計を持つことなく1本で済むのもメリットです。

背景を白と黒と選べる数字やアプリの色も変更することができます。

 

WatchOS

Apple Watch Series 5の発売と同時にWatchOSが利用可能になりました。
iPhoneからだけでなくApple Watchだけでもアプリのダウンロード・アップデートができるようになりました。

iOSとWatchOSに対応しているものは連携して使えます。
私の場合は下の写真のアプリがApple Watch Series 5にダウンロードされています。

先ほど紹介したタスク管理アプリ「Fantastical 2」と「Things 3」はWatchOSの中でも使用頻度が高いアプリです。

Fantastical 2

カレンダーアプリFantastical 2では今日と明日のスケジュールだけでなく全てのスケジュールを確認することができます。

Things 3

To-doアプリThings 3では今日のカテゴリーのタスクを確認することができます。
タスクの作成もできますが、ボイスメモのみになります。

その他

他にはメッセージアプリとメールアプリなどがあります。

FacebookメッセンジャーはまだApple Watchでも正常に機能しますが、 LINEはとてもひどいです。
同期はApple Watchでアプリを開いているときにメッセージを受信すれば同期できますが、それ以外はガン無視です。

そのため、 まだ使えるレベルではありません。

カメラアプリのHalideとProCameraもありますが、純正のカメラアプリで十分です。
というのもApple Watchを使ってカメラを使用するときというのは集合写真やセルフィーなど限られた場面だけですので、純正カメラのシームレスな同期のほうがいいと思います。

アメリカではメッセージアプリなどよりもSMSメッセージなどを利用するのでメッセージアプリが弱いのが特徴ですね。
南米で必須のメッセージアプリ「Whatapp」にいたってはWatchOSのアプリすら存在しません・・・。

バカロカ
Whatapp対応はよはよ。

メモ

WatchOSは対応しているアプリも多いが、欠けているアプリもある。

 

エコシステム

Apple Watch購入の最大のポイントでもあるエコシステムなくしてレビューはできませぬ。

Apple Watchは後述するiPhoneとの連携だけでなく、iPhoneと接続されている「AirPods」も関節的に操作することができます。

Podcast

Youtube Music

音が出るアプリで、専用のアプリがない場合はPlaying Nowでトラック操作ができます。
トラック操作の画面で竜頭を回すと音量を調整することができます。

iPhoneのスピーカーでもイヤホンで接続している状態でも音量調整ができます。

これにより従来はSiriを使って音量を調整していましたが、Apple Watchがあればスマホを取り出すことなく手元で簡単に音量調整ができます。

バカロカ
これが超便利!!

スマホを触りながら歩くのは日本でも危ないですし、アルゼンチンでも危ないです。
アルゼンチンの場合はひったくりや強盗の対象になるから危ないというのもありますが・・・。

そのため、 スマホを取り出すことなくAirPodsの音量をApple Watchで調整できるというのはとても便利です。

私が使っているAirPodsはノイズキャンセルが付いていないので、周りの音が聞こえます。
路上では周りの音を聞きたい派なのでいいのですが、地下鉄などではちゃんと音を聞きたいので音量をあげます。
そんな時に手元のApple Watchで簡単に音量調整できるのでバカロカさんもニッコリ満足ですわ。

ココがポイント

Apple WatchがあればiPhoneを取り出すことなくAirPodsの音量を調整できる!!!!

 

iPhoneとの連携

Apple WatchはAirPodsとの連携もそうですが、やはりiPhoneとの連携こそが最大の強みです。
iPhoneとApple Watchの連携で私が特に使用しているのは以下です。

iPhoneとApple Watchの連携ポイント

  • タスク管理
  • メール・メッセージの確認
  • 気温・天候の確認
  • Podcastや音楽の操作
  • カメラの操作

iPhoneとApple Watchの連携で特に便利なのがタスク管理、メール・メッセージの確認にカメラの操作です。
メールアプリはSparkを使っています。
文字だけのメールの場合はApple Watchに全て表示されますが、PDFや画像が貼り付けてあるとiPhoneで確認することになります。

それでも送信相手とタイトルは確認できるので便利です。

カメラの操作

Apple Watchを使えば、接続先のiPhoneのカメラの起動とシャッターを切ることができます。
これを使えばグループフォトやセルフィーで大活躍です。

フォトアルバムもそのままApple Watchで確認できますので、いちいち写真を確認するためにiPhoneの場所まで戻る必要もありません。

セルフィーやグループフォトにおすすめのミニ三脚のレビューは下記のリンクにまとめております。

スマホ用三脚のすすめ。Manfrotto ミニ三脚 PIXIは持ち運びに便利な上に応用効きまくりでおすすめです。

私が使用している有料アプリの「ProCamera」、「Halide」の両方ともApple Watchでも使用可能です。
ただ何も考えずに撮影したいので純正のカメラアプリのほうをもっと使います。

 

バッテリーライフ

最後にApple Watch Series 5のバッテリーライフについてです。

私はApple Watch Series 5のディスプレイ常時表示機能をオンにしています。
アスリート的なことはしていませんが、私の使い方ではApple Watch Series 5は余裕で1日以上バッテリーは持ちます。

1日目の夜には40%を切る程度で翌日の朝には20%ぐらいです。
丸二日はバッテリーが持ちませんが、少なくても1日は持ちます。

他社のスマートウォッチが3日以上、最長で7日持つものもある(?)ため、Apple Watchも少なくても3日はバッテリーが持つようになってほしいところです。

アメリカのシカゴからアルゼンチンに帰国する前に空港で最後のあがきとしてApple Watch用のバッテリー充電器を買い足しておいたので、職場でも充電できるのでそこまで困っていませんが、バッテリーが持つにこしたことはないです。

ココがダメ

Apple Watch Series 5のバッテリーは1日以上は持つが、それでも3日は持たない。 他社のスマートウォッチに比べると劣っている。

まとめ

Apple Watch Series 5はiPhoneユーザーならぜひ購入を検討していただきたいアイテムです。
時間の確認だけでなく、メッセージの確認、タスク管理、天候の確認など普段iPhoneでしていることを手元のApple Watchの操作に置き換えることができます。

実際Apple Watch Series 5を入手してから、路上や移動中はiPhoneを手にする機会が減りApple Watchを触ることが多くなりました。

Apple Watch Series 5を実際に1ヶ月以上使用しての総合レビューは以下です。

  • デザイン:◎ →シーンで使い分けができ、文字盤もカスタマイズできる
  • WatchOS:△ →ベーシックなアプリはあるが、InstagramやWhatappなどの普段使う純正のアプリがない。LINEはあるが使えない。
  • エコシステム:◎ →Appleユーザーなら最高。AirPodsがあれば◎
  • iPhoneとの連携:◎ →iPhoneとの連携も最高。Androidユーザーは別のスマートウォッチを。
  • バッテリー:× →1日は持つが他のスマートウォッチに比べると物足りない
  • 以上の総合レビューを踏まえて、Apple Watch Series 5を購入するべき人は以下のような方です。

    Apple Watch Series 5はこんな方におすすめ

    • iPhoneユーザーでスマートウォッチの購入を検討している。
    • 最新のApple Watchがほしい
    • 常時ディスプレイ表示のApple Watchがほしい
    • 1日以上バッテリーが持つApple Watchがほしい
    • コンパス機能つきのApple Watchがほしい

    Apple Watch Series 5にできて、旧型にできないことには常時ディスプレイ表示、コンパス機能などがあります。
    これらの機能とバッテリーの持ちが少し改善された最新のApple Watchがほしい方はぜひApple Watch Series 5の購入をご検討ください。

    44mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

    反対にこれらのことが気にならないなら、値下がりした旧型のApple Watchの購入をおすすめします。

    Series 5と同じデザインで、コンパスと常時表示機能がなくても言い方は約1万円安いApple Watch Series 4をおすすめします。

    デザインもサイズも異なるけど、安くApple Watchを入手したい方はApple Watch Series 3をおすすめします。

    38mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド

    今日のガジェ道

    バカロカ

    Apple Watch Series 5は常時ディスプレイ表示オンとコンパスがついている唯一のApple Watch。使い勝手が良すぎて移動中にiPhoneを使う機会が減る。ただしバッテリーは他社に比べるとまだ弱い。


     

    Sponsored Link

    -Apple 製品
    -

    Copyright© ガジェ道 , 2019 All Rights Reserved.