生活を豊かにするもの。ガジェット。Apple製品情報多め。

ガジェ道

iPad レビュー

iPad mini 総合レビュー。第5世代にして、仕事から趣味までこなせる万能持ち運びマシーンになりました!

投稿日:2019年8月12日 更新日:

バカロカ
こんにちは!平成最後のガジェット界の麒麟児、@バカロカです!
今回はiPad mini購入レビューです。実際に新型iPad miniを1ヶ月以上使ってみての総合レビューをしていきます。

2019年の3月にAppleのイベント直前の新製品ラッシュの中で発表された、たくさんの人にその登場を待たれていた最高の機種iPad mini。

約4年間アップデートのないiPad miniが今年の3月末に急に第5世代が発表されたのは、そのサイズに対する圧倒的な根強いファンがいたからだと思います。

第4世代のiPad miniでは、処理が遅くカクカク動くので新しいジェネレーションのiPad miniを待ち焦がれている方も多かったのではないでしょうか。
もちろん私もそのうちの一人でした笑

とにかく結論から言うと、iPad miniは最高のタブレットなので一人一台持つべきデバイスです笑

スマホはAndroidだからiPadを使うのはちょっと・・・という方、たくさんの方がスマホはAndroid、タブレットはiPadというケースは実はとても多いですよ!

タブレット界隈ではAndroidよりもiPadの方が洗練されている上に、使い勝手も段違いに優れているからです。

私も2012年からNexus 7を使っていましたが、旅行の間に電源供給を絶っていると文鎮化するということが2回(2機種)あり、しばらくは小さいサイズのタブレットからは離れていました。

が、今年の3月にようやくiPad miniがアップデートされるということで購入しました。

iPad miniを購入した理由はもちろん、そのサイズ感です。
そして小さいサイズのiPad miniの使用用途は崇高なものです。

「ゲーム・動画・インターネットサーフィン」をベッドでする!!!です。

今回はそんなiPad miniを実際に1ヶ月以上使いまくりにまくり通した上でのレビューを書いていきます。
最初に言っておくと、少し日本円では高い買い物でしたが、購入して全く後悔はないですし、みなさんにも購入を薦めたい最高のiPadです!

バカロカ
まじオヌヌメ!!

ガジェ道のレビューポリシーに従い、とりあえず1ヶ月以上フルに試したので、総合的なレビューを一旦書きます!



 

スペック


レビューの前に第5世代のiPad miniのスペックとアップデートされた点をおさらいしておきましょう。

スペック

  • 7.9インチ Retinaディスプレイ
  • True Tone
  • A12 Bionic チップ
  • 約300グラム
  • Touch ID/指紋認証センサー
  • Apple Pencil(第一世代)対応

 

注目のアップデート

従来のiPad miniの特徴を受け継いだサイズ感と軽さですが、今回のアップデートでの注目すべき点は以下の3点です。

進化した点

  • A12 Bionic チップ
  • Apple Pencil(第一世代)対応
  • フロントカメラ

iPad miniがApple Pencilに対応したことでできる作業の幅も広がりました。
ただインターネットや動画を観るだけでなく仕事にも使えるようになりました。

またA12 Bionic チップはiPhoneのハイエンドモデルに搭載されているチップのため、処理性能は第4世代のiPad miniとは段違いに良くなります。
チップのアップデートのおかげで、小さいタブレットながらもゲームやLightroomなどの重い作業をこなせるようになりました。
 

変更していない点

  • イヤホンジャック有り
  • Lightning コネクター
  • ホームボタン(Touch ID)

iPad mini 第5世代のスペックと注目のアップデート内容の詳細は下記のリンクにまとめております。


 

iPad mini 5がおすすめの方

iPad mini 5がおすすめの方は以下のような方です。

iPad mini 5はこんな方におすすめ

  • 小さくて高性能のタブレットを探している
  • 今手元にあるiPad miniの動きが重い
  • ベッドででもウェブブラウジングを楽しみたい
  • メモやノートをペーパーレスかつ、どこにでも持ち運びたい
  • iPhoneより大きい画面のデバイスが欲しい
  • タブレットに興味がある

以上が前提で、ここからは私がiPad miniを1ヶ月以上使ってみてiPad miniのここが特にすごい!という点を紹介していきます。


 

小ささは武器


もう何回も何百回も言うであろう、この台詞「小ささは武器」です。

iPad mini購入される方のほとんどはiPadよりも小さくiPhoneよりも大きい7.9インチという丁度いいサイズ感を求めている方だと思います。

iPad miniは片手で持てるサイズです。
しかも軽いので長時間ホールドしておくことが可能です。
小さいながらも画面はスマホに比べても十分に大きいのでゲーム・動画・インターネットサーフィンにはもってこいです。

開封して、実際にiPhone・iPad Proと比べてみるとiPad miniは予想していた通り丁度いいサイズ感すぎてびびりました。

iPad miniのサイズを比較してみた

私が所有しているiPhone 8,iPhone 11 Pro MAX,iPad Proの3機種と比較しました。
詳細は下記のリンクにまとめております。

iPad miniのサイズを他の製品と比べてみた。iPhoneとiPadの中間のサイズによる違いとは。

iPad miniはちょうどいい

iPhoneは外出時も家の中でもポケットの中に入っていて、連絡・カメラ・タスク管理・仕事の管理やマップとしても有能です。

しかし、じっくりとググったり、動画を大きいサイズで楽しみたい時には少し物足りませんでした。
が!iPad miniを入手したことで今まで痒いところに届かなかったということも解消されました。
痒いところがかける!!!

頑張ればポケットの中にも入る大きさですので、ポケットでなくてもどのタイプのカバンにも入ります。
そして 本当にサイズ感がよく、重くないので持ち運びが全く苦ではありません。

おしゃれなカフェ等にも


サイズ感がよく運びやすいので、おしゃれなカフェでドヤ顔しながら動画視聴やメモをするのにも役立ちます(??)。
ただし内臓されているキーボードは少し使いづらいので、iPad miniでタイピングの作業をするときはBluetooth対応のキーボードは必須です。

バカロカ
Bluetooth対応のキーボードが欲しくなっちゃいますねー。

小さいだけでなく高性能

さらにiPad miniは、アップデートにより高性能のチップが搭載され、処理性能もあがったため、小さいけどパワーがない、という問題も解消されました。

小さい上に高性能、さらに「ベッドの上でも使える」という最強の人間をダメにするタブレットが爆誕したわけですね。
日本の社会にさよならバイバイ、俺はこいつとダメになる、iPad mini~♪

バカロカ
はい。

ココがポイント

iPad miniは小さくて高性能のタブレット。しかもベッドの上でも使えるから人をダメにする。←注意


 

iPad Pro 10.5インチと比べて


もともとはAndroidのNexus7を使っていましたが、長期間充電をしなかったためにいわゆる文鎮状態的なものになり、それ以来小さいサイズのタブレットは使用していませんでした。

その代わりにiPad Pro 10.5インチをGo-toタブレットとして使用していましたが、家の中でも外出先でもMacbook Proよりもサイズは小さいものの、 それでも持ち運ぶのには億劫な時もありました
特に家の中での持ち運びが面倒でした。

iPad Proは大きいサイズなので、置く場所をしっかりと固定して使うことが多いのですが、持ち運ぶとまた定位置に戻すのが少し面倒でした。

それもあって、iPad miniが余計欲しかったんですよね。
Apple製品同士の連携力の偉大さを知っているので、やっぱりiPad mini一択でしょということで購入しましたが、やはり購入して大正解でした。

iPad Proは片手でも持てますが、その大きさゆえに持った時に安定しなかったり、ふええ重いよぉということもしばしばでした。

iPad miniを購入してからは特に iPad Proが重く感じるようになってしまいました笑
これは思わぬ副作用でした・・・。

とにかくiPad miniを購入してからはiPad Proの代わりにこのiPad miniをどこにでも持ち運ぶようになりました。
iPad Proを持ち運ぶ時というのは、キーボードを使ったり、ノートをがっつりと作成しないといけない時だけになりました。

アプリ

iPad Proですでに購入したiPad用のアプリはiPad miniでも使えますし、私の大好きなノートアプリ「Notability」もiPad miniでも使えます。

これは別の項目で紹介しますので最後までゆっくり読んでくださいね笑

iPad Proは大きいディスプレイなので、作業をじっくりとするならiPad Proのほうがいいですが、どこにでも持ち運びたいならiPad miniのほうがいいです。


 

コンテンツビューアーとして有能

iPad miniは片手でも持ち運べる上に、ディスプレイは十分に大きいサイズと「小ささは武器」を体現している最高のiPadです。

iPad miniですることで特に気に入っていることは、Chromeでの検索やビデオの視聴です。

インターネットサーフィン

スマホと同じぐらいの軽さにして、画面は3倍ぐらいです。

iPhoneとiPad miniを比べると、iPad miniのほうが検索の時には表示される情報量も段違いに多いです。

タブもどれだけ開いても重くなりませんし、片方にはメモアプリでメモを取っておくこともできます。

もちろんiPad Proでもできますが、ベッドの上で快適に操作できるので就寝前や起床後すぐの暇を持て余す時にも調べられるのが最高に便利です。

旅行に良さそう

iPad miniなら、旅行の時のためにホテルや航空券を比較するのにも十分使えるし、そのまま旅行に持っていくこともできるなーと思いました。

ただその高機能さゆえに後悔していることが一点だけあります。

バカロカ
Cellularモデルにしときゃあよかったなりぃいいいい。

大人しく Cellularモデルにしとけば、大きいディスプレイのタブレットを旅行にも持ち運べるし、より効率的に旅行を楽しめると思います。

ホテルの場所の確認やマップ、メールに旅先の確認にメモと旅行をするならiPhoneはポケットに、iPad miniはカバンに入れて持ち運んでもいいかなーと思いました。

ココがポイント

iPad miniはスマホに比べて大きいサイズなので表示できる情報量が多く、メモも取れる。

Cellularモデルは懐に大ダメージ

ただし、64GBのWi-Fiモデルが税別45,800円なのに対してWi-Fi + Cellularモデルだと税別で60,800円なんですよね・・・。

4万5千円と6万円の壁はでかいです。
特にタブレットに払うには高すぎます笑

日本に住んでいるならiPad miniだけでも運用したかもしれませんが、私みたいにアルゼンチンとかいう治安の悪い国に住んでいる以上iPad miniを気軽に取り出して触れるほど優しい国ではないので、Wi-Fiモデルで良かったのかなーとも思います笑

どうせ家とか室内でしか使わない、もとい危なくて使えないですからね。

ガジェ江
あと単純に高いよね

そこなのよーー
バカロカ

 

動画視聴に


作業をしながら動画を観るのにiPad Proを使うのは贅沢すぎるので最近はiPad miniで観ています。

iPhoneに比べるとiPad miniでの動画の視聴はやはりダイナミックさが全然違います
大きさがそもそも違いますからね。

一人でパソコンの横に置いてビデオを観るだけならiPad miniは十分すぎるほどです。

iPad Proと違いデュアルスピーカーではありませんが、スピーカーを塞がない限りは音の聞こえは十分ですので全く問題ないです。

バカロカ
おかげでNetflixの大好きなシリーズたちの新作が続く7月と8月をなんとか乗り越えられました。

スマホと違い十分な大きさがあるので、作業の邪魔にならないサイズでかつ小さすぎないという最高の動画視聴マシーンの爆誕です。


iPad miniで動画視聴のメリットは、デスクから離れる時にそのままiPad miniを持ち運んで視聴を続けられることです。

キッチンにもベッドにも食卓にも動画を止めることなくそのまま持っていけるのはiPad Proで動画を観ていた時との違いです。
これで月額払っているYoutube Premiumも無駄にしなくて済みそうです笑

それでも家族でベッドの上でシリーズもののドラマや映画を観る時にはまだiPad Proを使うこともありそうです。
デュアルスピーカーと大きさの点ではやはりiPad Proに利点があります。

ココがポイント

iPad miniでの動画視聴は場所を選ばずに持ち運べるし、画質も向上している。


 

持ち運べるメモ・ノートとしても有能


神ノートアプリのNotabilityをはじめとした、ノート・メモアプリを使うのにもiPad miniはとても有効です。

第5世代のiPad miniはApple Pencilにも対応しているため、手書きでのノートを作成することもできるようになりました。
おかげで小さいiPad miniをカバンにほーいといれておけば、必要な時にどこでもノート・メモが取れます。

iPad Proと違い、タブレットを取り出してノートを取り出しても周りから変な目で見られる大きさでないことも大事なポイントです。

iPad ProにはApple Pencilの遅延がないための機能がついていますが、iPad miniにはついていません。
それでも手書きノートを作成していて、実際にそこまでは気になりませんでした。

ProCreaterのようなデザイン系のアプリだと遅延がもっとあって、気になる方も出てくるのかもしれませんが、ノート作りだけに関して言えば(私は)気になりません。

ココがポイント

iPad miniとApple Pencilさえあれば、ノートを何十冊も持ち運ばなくても済む。遅延もそこまで気にならない。

実際にNotablityをiPad miniで使ってみてのレビューは下記のリンクにまとめております。

手書きノートの決定版Notabilityについては下記のリンクにまとめております。


 

ゲームがしやすい


これのためにiPad miniを買ったのもありますが、ゲームアプリが超しやすいです。

iPhoneと違い小さすぎず、iPad Proと違い大きすぎないのがポイントです。

ガジェ江
お前それしか言ってないじゃん。

持ちやすいのと、長時間持っていても疲れないのが最高にCOOOOOOOLLLLです。
iPad Proでゲームをしていた時は何回も持ち替えたり、腕に疲れがありました(貧弱、貧弱ゥ!!)が、iPad miniでゲームをすると全く疲れません。

新しいiPod Touchもゲーム向けとしてリニューアルされたみたいですが、私的にはもう少し大きい画面が欲しいので、iOSでゲームをしたいならまずはiPad miniをおすすめしたいところです。

ちなみに今はクラッシュ・オブ・クランのSUPERCELLの新作「Brawl Stars」をそこそこにプレイしています。
3分以内に1ゲームが終わるので時間をそこまで奪られないのがポイントです笑

Fortniteや他のFPSゲームもかくつきなくプレイできるので、丁度いいサイズでゲームをしたいならiPad miniは超おすすめです。

バカロカ
前まではサイズ最強、メモリ貧弱のiPad miniでしたが、第5世代はゲームももってこいです。

ココがポイント

iPadでゲームをするなら、今後はiPad miniが筆頭候補。持ちやすさ、メモリ全てがバランスがええ。



 

仕事にも使える

私のiPad miniの使い方は完全にプライベート用(インターネット・動画・ビデオ・ノート)ですが、ビジネスにも使えるマシーン足り得ると思います。

iPad miniは写真の編集やデザインの製作もこなせるだけの十分なパワーながら、どこにでも持ち運べる理想のタブレットです。
外出先でも旅先でも作業をこなせるのは本当にありがたいです。

iOS・Mac共有のアプリでiCloudで作業工程をスムーズに同期できるそんなアプリさえ見つけていれば、iPad miniは本当に心強いマシーンになります。

私は作業効率を高められるならアプリやソフトにお金を支払うのはとてもありだと思います。

 

気になる点

そんなほぼ完成されたミニタブレットのiPad miniですが、個人的に気になる点もなくはないです。

気になる点

  • 高い
  • 入力が不便

高い

これはiPad miniというよりはApple製品全体の問題ですが、値段設定が全体的に高くなってきています。
コスパがいいと言われている2018年のiPadですら、3万4千円。
そしてこのiPad miniは最低価格の64GBのWi-Fiモデルが税別45,800円です・・・。

おま、これは高いよ・・・。
Androidの安かろう悪かろうタブレットに目移りするのもわかります。

せめてあと一万円ほど引いてくれたら、まだ購入の壁が下がるのに・・・。
ただそれでも買ってしまうファンがいるのが問題なんですよね、やれやれ。

ガジェ江
てめえのことやろがい

入力が不便

iPad miniの気になる点として入力が不便というのがあります。
3D Touchタッチは搭載していないため、iPhoneのようにカーソルの移動がしやすいわけでもなく、iPad ProのようにSmart Keyboardがあるわけでもないので、入力は不便です。

メールやメッセンジャーをチェックしてそのまま返事したいのですが、少し3D TouchタッチやSmart Keyboardに慣れていると長押ししないとカーソルの移動ができないというのは超不便です。

二本指をキーボードに置けば、簡単にカーソル移動できますが、まだ慣れていません笑

記事執筆やブログ編集のために買ったわけではないのでそこまで気にはなりませんが、メール返信ぐらいは不便なくしたいものです。せめても。

iPad miniで入力の作業をするときにはBluetooth対応のキーボードは必須です。

Apple Pencil対応

iPadOSから

iPadOSになってから、入力の不便さは改善されました。

iPadOSで片手入力モードが追加されました。

これは通常のキーボードを二本指で真ん中にピンチすると片手入力モードになります。

通常のキーボードに戻すときは、反対に二本指でズームインするモーションをすれば戻ります。


 

まとめ

以上がiPad miniを1ヶ月以上使い倒してのバカロカの総合レビューでした。

iPad miniがおすすめの方・向かない方

iPad miniを実際に3ヶ月使用して、iPad miniがおすすめの方・向かない方を9つの理由と一緒に紹介していきます。

ここからは以上の総合レビューを踏まえて、頻繁に聞かれる(であろう笑)QAを勝手にしていきます。

iPad miniを購入する価値はあるか?

逆になんでないと思うの??
バカロカ

ガジェ江
質問を質問で返すなあーっ!

バカロカ
ひィィィィィィィ。購入する価値ありまぁーーーす!

iPad miniはiPhoneユーザーでもAndroidユーザーでもどちらでもおすすめできるサイズ感最強のタブレットです。

どうしてAndroidユーザーにもおすすめなの?

Androidタブレットでこのサイズ感で完成されたタブレットがないからです。(断言)
バカロカ

スマホと違い、ことタブレットに関してはAppleが抜きん出ていると個人的に思います。
そのため、完成されたタブレットを快適に使いたいならiPad mini一択だと思います。

AppleのアプリはiPadに最適かされたものですので、シンプルにフリーズなどが少ないです。
Androidはその点、スマホ・タブレットと混同しており、機種によっての動作がマチマチですのでiPadにはその点では優勢です。

そして小さいサイズのタブレットでここまで完成されているのは現時点ではiPad mini(第5世代)だけです。

iPadとiPad miniはどちらがいいの?

バカロカ
サイズ感の好き嫌いによるとしか言えません。

iPadとiPad miniはほとんどできることが同じです。
どちらのiPadもApple Pencilも使えますし。

唯一の違いはそのサイズ感ですので、ベッドで何かしたいのならiPad mini、とにかくコスパよくiPadを手に入れたいならiPadという考え方でいいと思います。

今現在の購入できるiPadで使用目的にあったおすすめのiPadは下記のリンクで紹介しておりますので、そちらをご参考にしてください。

Wi-FiモデルとCellularモデルとどっちがおすすめ?

バカロカ
コスパを考えるならWi-Fiモデルですが、外でも使う予定があるならCellularモデルです。

ただしスマホとタブレットの2台同時に持ち運ぶ予定なら、Wi-FiモデルにしてWi-Fiポケットを持ち歩いた方がいいと思います。

iPad mini単体で持ち歩く予定ならCellularモデルがおすすめです。その時は格安SIMなどと組み合わせればコスパ良くiPad miniをどこでも楽しめますよ。

 

今日のガジェ道

バカロカ

iPad miniは新しいタブレットを探しているどんな方にもおすすめのデバイスです。サイズ・チップ・用途全てがパーフェクト・セルです。つまりさいつよ。


 

Sponsored Link

-iPad, レビュー
-

Copyright© ガジェ道 , 2019 All Rights Reserved.