iPad レビュー

iPad mini(2019)レビュー! 【究極のミニマルiPad】

バカロカ
こんにちは!平成最後のガジェット界の麒麟児、@バカロカです!
今回はiPad mini 5レビューです。新型iPad miniを1ヶ月以上使ってみての総合レビューをしていきます。

2019年の3月にAppleのイベント直前の新製品ラッシュの中で発表された、たくさんの人にその登場を待たれていた最高の機種iPad mini。

約4年間アップデートのないiPad miniが今年の3月末に急に第5世代が発表されたのは、そのサイズに対する圧倒的な根強いファンがいたからだと思います。

第4世代のiPad miniでは、処理が遅くカクカク動くので新しいジェネレーションのiPad miniを待ち焦がれている方も多かったのではないでしょうか。

もちろん私もそのうちの一人でした笑

とにかく結論から言うと、iPad miniは最高のタブレットなので一人一台持つべきデバイスです笑

少し高い買い物でしたが、購入して全く後悔はないですし、みなさんにも購入を薦めたい最高のiPadです!

バカロカ
まじオヌヌメ!!

この記事では

iPad miniを購入して以来、実際に1ヶ月以上使いまくりにまくり通した上でのレビューを書いていきます。

関連記事

 

総合レビュー

iPad miniはiPadをすでに持っている人・iPhoneを利用している方にはとにかくおすすめのタブレットです。

しかし、それだけではなく、実はAndroidユーザーにもおすすめのiPadなんですよ!

ガジェの助
なんでじゃ!

スマホはAndroidだからiPadを使うのはちょっと・・・という方、実はたくさんの方が スマホはAndroid、タブレットはiPadというケース、実はとても多いですよ!

タブレット界隈ではAndroidよりもiPadの方が洗練されている上に、使い勝手も段違いに優れているからです。

私も2012年からNexus 7を使っていましたが、旅行の間に電源供給を絶っていると文鎮化するということが2回(2機種)あり、しばらくは小さいサイズのタブレットからは離れていました。

バカロカ
Addroidタブあるあるの文鎮化・・・

が、今年の3月にようやくiPad miniがアップデートされるということで購入しました。

iPad miniを購入した理由はもちろん、そのサイズ感とApple Pencilの利用目的です。

そして私のiPad miniの使用用途は崇高なものです。

バカロカ
「ゲーム・動画・インターネットサーフィン」をベッドでする!!!

そんなiPad miniをみっちり1ヶ月感使用してのレビューを紹介していきます!

iPad miniのレビュー

まずは某レビューサイト風にiPad miniの総合レビューです。

iPhone 11 Pro Max
満足度
デザイン
携帯性
操作性
ディスプレイ
バッテリー
カメラ
ビデオ
価格

カメラやビデオみたいに、それらを目的に購入しているわけではないので低くても問題はないです。

ZoomやLINE、Facetimeでビデオ電話を利用しても画質がめちゃくちゃ悪いということはありません。

いたって普通です。

iPad miniの操作性と価格は多少ひっかかりますが、総じて評価は高いです。

満足度で言えば5段階で5です。

文句なしでバカロカ・ザ・イヤー受賞です。
iPad miniは私的に2019年のベストバイ商品でした。

バカロカ
バカロカ・ザ・イヤー総なめ

次にiPad miniを実際に使っていて気づいた「いいところ」・「気になるところ」を紹介します。

いいところ

iPad miniのいいところは以下です。

メリット

  • サイズ感←片手で持てる!
  • どこにでも持ち運べる
  • チップの性能←ゲームや重い作業も可能に!
  • Apple Pencil対応!

前のモデルからの引き継ぎ

サイズ感は、7.9インチととてもちょうどいいサイズのタブレットで家でも外でも持ち運びやすいサイズです。

それでいて、スマホよりも画面が大きいのでコンテンツ視聴やインターネット、読書が楽になります。

前のモデルからの改善点

そして前モデルのiPad miniと大きく異なるのが次の2点です。

1つめが、チップの性能が前モデルから大幅に進化しました。

前のモデルiPad mini(第4世代)が2015年発売のもので、チップが当時のものなので、2020年現在では動きがカクカクするなど言われています。

第5世代のiPad miniは2019年当時のハイエンドモデルのiPhone XSと同じチップを搭載しているため、動きがもたつくことはありません。

実際に写真の編集をしてみても、重くなったりフリーズすることはありません。

2つめがApple Pencil(第一世代)に対応したことです。

ガジェの助
うぉおぉおおおお

iPad miniがApple Pencilに対応したことで、どこででもノートやメモ、イラストを作成できるようになりました。

特にノートアプリとの相性はとてもいいです。

大きいiPadやiPad Proなどを持ち歩かなくても、カバンにいれても邪魔にならないiPad miniを持ち運ぶだけでペーパーレスな生活ができます。

またサイズ的にも手帳みたいなので、手帳を使っている方はiPad miniに乗り換えても問題ないでしょう。

バカロカ
私はiPad Pro 10.5インチを使っていたのでApple Pencil(第1世代)あったので、ラッキーでした。

気になるところ

iPad miniの気になるところは以下です。

気になる点

  • 価格
  • Apple Pencil(第2世代)ではない
  • Smart Keyboard未対応
  • シングルスピーカー

価格はサイズの大きいiPadよりも高いです。チップの関係や需要の差もあるかもしれません。

Apple Pencilには対応していますが、 Apple Pencil(第2世代)には対応していません。

Apple Pencil(第2世代)は現在iPad Proモデルのみの特権です。

そして Smart Keyboardにも未対応、これは少し痛いです。

iPad miniを使っていると 文字入力が少ししづらいので、純正で一体型のSmart Keyboardが欲しいところです。

最後に、iPad miniは デュアルスピーカーではありません。
そのため少し音に迫力がないです。

せっかくベッドの上でも、苦なくビデオ観ることができるタブレットだけに残念です。

以下ではiPad miniのスペック・iPad miniがおすすめの方・特徴を紹介していきます。

バカロカ
とにかく次の世代ではタッチボタンの廃止、デュアルスピーカー、Smart Keyboard対応求む!

 

スペック

レビューの前に第5世代のiPad miniのスペックとアップデートされた点をおさらいしておきましょう。

スペック

  • 7.9インチ Retinaディスプレイ
  • True Tone
  • A12 Bionic チップ
  • 約300グラム
  • Touch ID/指紋認証センサー
  • Apple Pencil(第一世代)対応

関連記事

 

注目のアップデート

従来のiPad miniの特徴を受け継いだサイズ感と軽さですが、今回のアップデートでの注目すべき点は以下の3点です。

進化した点

  • A12 Bionic チップ
  • Apple Pencil(第一世代)対応
  • フロントカメラ
  • True Tone
  • eSIM

iPad miniがApple Pencilに対応したことでできる作業の幅も広がりました。

ただインターネットや動画を観るだけでなく仕事にも使えるようになりました。

またA12 Bionic チップはiPhoneのハイエンドモデルに搭載されているチップのため、処理性能は第4世代のiPad miniとは段違いに良くなります。

チップのアップデートのおかげで、小さいタブレットながらもゲームやLightroomなどの重い作業をこなせるようになりました。

ココがポイント

A12 Bionic チップはiPhoneのハイエンドモデル(iPhone XS)に搭載されているチップと同じ。

 

変更していない点

  • イヤホンジャック有り
  • Lightning コネクター
  • ホームボタン(Touch ID)

iPad miniはホームボタンをはじめ、デザインに変更はありません。

価格

iPad mini Wi-Fiモデル セルラーモデル
64GB 4万5800円(税別) 6万800円(税別)
256GB 6万2800円(税別) 7万7800円(税別)

 

iPad mini 5がおすすめの方

iPad mini 5がおすすめの方は以下のような方です。

iPad mini 5はこんな方におすすめ

  • 小さくて高性能のタブレットを探している
  • 今手元にあるiPad miniの動きが重い
  • iPhoneより大きい画面のデバイスが欲しい
  • タブレットに興味がある
  • iPadで勉強・イラスト制作をしたい方
  • 動画視聴やブラウジングをソファやベッドでする機会が多い方
  • ビデオ電話をよくする方
  • 海外旅行をよくする方
  • すでにiPadを持っていて、小さいタブレットが欲しい方

以上が前提で、ここからは私がiPad miniを1ヶ月以上使ってみてiPad miniのここが特にすごい!という点を紹介していきます。

 

小ささは武器

iPad miniは他のiPadと違う圧倒的な特徴があります。

それは「どこにでも持ち運びできる小さくて軽いタブレット」というポイントです。

現在発売されているiPadは10インチより大きいモデルだけです。

iPad miniだけ「7.9インチ」のiPadです。

7.9インチのタブレットは実際手に持ってみるとわかりますが、「ジャストフィット」なサイズです。

片手でも十分に持てるサイズで、軽さもちょうどいいです。

このサイズ感のおかげで「読書・ビデオ視聴・インターネット」などの「観る」ことにぴったりです。

もう何回も何百回も言うであろう、この台詞「小ささは武器」です。

iPad mini購入される方のほとんどはiPadよりも小さくiPhoneよりも大きい7.9インチという丁度いいサイズ感を求めている方だと思います。

ガジェ江
あなた・・・「サイズ感を求めてこの記事を読んでいる人」ですよね・・・。

iPad miniは片手で持てるサイズです。

しかも軽いので長時間ホールドしておくことが可能です。

小さいながらも画面はスマホに比べても十分に大きいので、ゲーム・動画・インターネットサーフィンにはもってこいです。

開封して、実際にiPhone・iPad Proと比べてみるとiPad miniは予想していた通り丁度いいサイズ感すぎてびびりました。

スマホに比べると

スマホよりもディスプレイサイズが大きいため、読書やビデオの視聴等がスマホに比べて楽になります。

特に私みたいに 小さい画面で文字やコンテンツを見るのが疲れやすいという方にはありがたいです。

私の場合は部屋でも、キッチンでも、リビングでも、ベッドの上でも文字通りどこにでもiPad miniを持ち運んで使っています。

子供と一緒にいるときにも小さいので、邪魔にならないのもポイントです。

ココがポイント

読書・ビデオ視聴・インターネットにとてもおすすめ!疲れないし、スマホよりも大きいので使いやすい!

iPad miniはちょうどいい

iPhoneは外出時も家の中でもポケットの中に入っていて、連絡・カメラ・タスク管理・仕事の管理やマップとしても有能です。

しかし、じっくりとググったり、動画を大きいサイズで楽しみたい時には少し物足りませんでした。

が!iPad miniを入手したことで今まで痒いところに届かなかったということも解消されました。

頑張ればポケットの中にも入る大きさですので、ポケットでなくてもどのタイプのカバンにも入ります。

そして 本当にサイズ感がよく、重くないので持ち運びが全く苦ではありません。

小さいだけでなく高性能

さらにiPad miniは、アップデートにより高性能のチップが搭載され、処理性能もあがったため、小さいけどパワーがない、という問題も解消されました。

小さい上に高性能、さらに「ベッドの上でも使える」という最強の人間をダメにするタブレットが爆誕したわけですね。

バカロカ
日本の社会にさよならバイバイ、俺はこいつとダメになる、iPad mini~♪
はいはい、お薬飲みましょうねー
ガジェ江

ココがポイント

iPad miniは小さくて高性能のタブレット。しかもベッドの上でも使えるから人をダメにする。←注意

iPhone 8と比べてみた

私が所有しているiPhone 8,iPhone 11 Pro Max,iPad Proの3機種と比較しました。

関連記事

 

iPad Pro 10.5インチと比べて

もともとはAndroidのNexus7を使っていましたが、長期間充電をしなかったためにいわゆる文鎮状態的なものになり、それ以来小さいサイズのタブレットは使用していませんでした。

その代わりにiPad Pro 10.5インチをGo-toタブレットとして使用していましたが、家の中でも外出先でもMacbook Proよりもサイズは小さいものの、それでも持ち運ぶのには億劫な時もありました

特に家の中での持ち運びが面倒でした。

iPad Proは大きいサイズなので、置く場所をしっかりと固定して使うことが多いのですが、持ち運ぶとまた定位置に戻すのが少し面倒でした。

それもあって、iPad miniが余計欲しかったんですよね。

Apple製品同士の連携力の偉大さを知っているので、やっぱりiPad mini一択でしょということで購入しましたが、やはり購入して大正解でした。

iPad Proは片手でも持てますが、その大きさゆえに持った時に安定しなかったり、ふええ重いよぉということもしばしばでした。

iPad miniを購入してからは特に iPad Proが重く感じるようになってしまいました笑

これは思わぬ副作用でした・・・。

とにかくiPad miniを購入してからはiPad Proの代わりにこのiPad miniをどこにでも持ち運ぶようになりました。

iPad Proを持ち運ぶ時というのは、キーボードを使ったり、ノートをがっつりと作成しないといけない時だけになりました。

アプリ

iPad Proですでに購入したiPad用のアプリはiPad miniでも使えますし、私の大好きなノートアプリ「Notability」もiPad miniでも使えます。

iPad Proは大きいディスプレイなので、ノート作りをじっくりとするならiPad Proのほうがいいですが、どこにでも持ち運びたいならiPad miniのほうがいいです。

 

コンテンツビューアーとして有能

iPad miniは片手でも持ち運べる上に、ディスプレイは十分に大きいサイズと「小ささは武器」を体現している最高のiPadです。

True Toneに300万ピクセルを超える繊細なiPad miniのディスプレイはビデオや読書のコンテンツ利用に最適です。

iPad miniですることで特に気に入っていることは、読書やビデオの視聴です。

ガジェの助
それ目的で買ったんじゃろ?

うん!!!(満面の笑み)
バカロカ

True Toneで自然で美しいディスプレイ

iPad miniはTrue Toneが採用され、自然で美しい映像を再現できます。

True Toneの採用により、色温度が最適かされ、環境に合わせてホワイトバランスが調整されます。

これによりiPad miniは明るい場所でも映し出される映像・写真がとても自然に見ることができます。

NetflixやHuluのようなVODもiPad miniでベッドでもどこででも楽しめるようになります。

私も特にiPad miniを動画を視聴することに利用しています。

300万ピクセルを超える繊細なディスプレイはビデオの視聴ととても相性がいいです。

インターネットブラウジング

iPad miniを購入してからは読書だけでなくブラウジングをすることも増えました。

スマホよりも大きいサイズなので表示されるページの量も多いのでブラウジングが捗るからです。

パソコンで見ることが多かったのですが、iPad miniを購入してからは、iPad miniばかり使うようになりました。

ソファやベッドでだらーーとしながらするインターネットは自堕落的でリラックスできます。

バカロカ
人をだめにするiPadです。ご注意を。

iPhoneと比べて

iPhoneとiPad miniを比べると、iPad miniのほうが検索の時には表示される情報量も段違いに多いです。

タブもどれだけ開いても重くなりませんし、片方にはメモアプリでメモを取っておくこともできます。

もちろんiPad Proでもできますが、ベッドの上で快適に操作できるので就寝前や起床後すぐの暇を持て余す時にも調べられるのが最高に便利です。

読書

iPad miniを購入してから、Kindleやそのほかの電子ブックを読む機会がとても増えました。

ディスプレイも とても繊細なものなので、綺麗な文字で本を読むことができます。

そしてソファやベッドでだらけながらiPad miniを片手に持ってだらけながら読書ができます。

 

動画視聴に

スマホと違い十分な大きさがあるので、作業の邪魔にならないサイズでかつ小さすぎないという最高の動画視聴マシーンの爆誕です。

作業をしながら動画を観るのにiPad Proを使うのは贅沢すぎるので最近はiPad miniで観ています。

iPhoneに比べるとiPad miniでの動画の視聴はやはりダイナミックさが全然違います

大きさがそもそも違いますからね。

一人でパソコンの横に置いてビデオを観るだけならiPad miniは十分すぎるほどです。

iPad Proと違い デュアルスピーカーではありませんが、スピーカーを塞がない限りは音の聞こえは十分ですの問題はありません。

しかし、音にこだわる方には少しマイナスのポイントかもしれません。

iPad miniで動画視聴のメリットは、デスクから離れる時にそのままiPad miniを持ち運んで視聴を続けられることです。

キッチンにもベッドにも食卓にも動画を止めることなくそのまま持っていけるのはiPad Proで動画を観ていた時との違いです。

これで月額払っているYoutube Premiumも無駄にしなくて済みそうです笑

それでも家族でベッドの上でシリーズもののドラマや映画を観る時にはまだiPad Proを使うこともありそうです。

デュアルスピーカーと大きさの点ではやはりiPad Proに利点があります。

ココがポイント

iPad miniでの動画視聴は場所を選ばずに持ち運べるし、画質も向上している。

 

A12 Bionicチップによりサクサク動く

iPhone XSと同じチップ

iPad miniはA12 Bionicチップを搭載しています。

A12 BionicチップはiPhone XSと同じチップです。

当時のハイエンドモデルと同じチップを搭載するという甘やかされたアップデートで一気に購入意欲が湧きました笑

バカロカ
チップの進化でiPad miniは迷いなく購入できるiPadに!!

チップの大幅な進化があったために、発表と同時に即購入を決意しました。

実際に購入自体は発表と同時にしましたが、日本からアルゼンチンに届けてもらったために受け取りは7月になりました。

チップの進化でエンタメが捗る

A12 Bionicチップに進化したことで、iPad miniでできるエンタメの幅が広がりました。

ARやゲームなども前モデルと違い、サクサク快適にできるようになりました。

 

持ち運べるデジタルノートとしても有能

神ノートアプリのNotabilityをはじめとした、ノート・メモアプリを使うのにもiPad miniはとても有効です。

第5世代のiPad miniはApple Pencilにも対応しているため、手書きでのノートを作成することもできるようになりました。

おかげで小さいiPad miniをカバンにほーいといれておけば、必要な時にどこでもノート・メモが取れます。

iPad Proと違い、タブレットを取り出してノートを取り出しても周りから変な目で見られる大きさでないことも大事なポイントです。

iPad ProにはApple Pencilの遅延がないための機能がついていますが、iPad miniにはついていません。

それでも手書きノートを作成していて、実際にそこまでは気になりませんでした。

バカロカ
小さいデジタルノートを探している方にはiPad miniはとてもおすすめです。

ProCreaterのようなデザイン系のアプリだと遅延がもっとあって、気になる方も出てくるのかもしれませんが、ノート作りだけに関して言えば(私は)気になりません。

ココがポイント

iPad miniとApple Pencilさえあれば、ノートを何十冊も持ち運ばなくても済む。遅延もそこまで気にならない。

ノートアプリ関連記事

 

ゲームがしやすい

これのためにiPad miniを買ったのもありますが、ゲームアプリが超しやすいです。

iPhoneと違い小さすぎず、iPad Proと違い大きすぎないのがポイントです。

ガジェ江
お前それしか言ってないじゃん。

持ちやすいのと、長時間持っていても疲れないのが最高にCOOOOOOOLLLLです。

iPad Proでゲームをしていた時は何回も持ち替えたり、腕に疲れがありました(貧弱、貧弱ゥ!!)が、iPad miniでゲームをすると全く疲れません。

新しいiPod Touchもゲーム向けとしてリニューアルされたみたいですが、私的にはもう少し大きい画面が欲しいので、iOSでゲームをしたいならまずはiPad miniをおすすめしたいところです。

ちなみに今はクラッシュ・オブ・クランのSUPERCELLの新作「Brawl Stars」をそこそこにプレイしています。

3分以内に1ゲームが終わるので時間をそこまで奪られないのがポイントです笑

Fortniteや他のFPSゲームもかくつきなくプレイできるので、丁度いいサイズでゲームをしたいならiPad miniは超おすすめです。

バカロカ
前まではサイズ最強、メモリ貧弱のiPad miniでしたが、第5世代はゲームももってこいです。

ココがポイント

iPadでゲームをするなら、今後はiPad miniが筆頭候補。持ちやすさ、メモリ全てがバランスがええ。

 

仕事にも使える

私のiPad miniの使い方は完全にプライベート用(インターネット・動画・ビデオ・ノート)ですが、ビジネスにも使えるマシーン足り得ると思います。

iPad miniは写真の編集やデザインの製作もこなせるだけの十分なパワーながら、どこにでも持ち運べる理想のタブレットです。

外出先でも旅先でも作業をこなせるのは本当にありがたいです。

iOS・Mac共有のアプリでiCloudで作業工程をスムーズに同期できるそんなアプリさえ見つけていれば、iPad miniは本当に心強いマシーンになります。

私は作業効率を高められるならアプリやソフトにお金を支払うのはとてもありだと思います。

スケジュール管理アプリもおすすめ

純正のカレンダーやリマインダー、メモアプリとも相性はばっちりです。

iPhoneよりも画面は大きいので予定が組みやすいです。

Things 3Fantastical 2といったアプリも有料ですが使いやすくてとてもおすすめです。

 

海外旅行にもいけそう

iPad miniはeSIMに対応しています。

そのためWi-Fiがないところでも、eSIMを契約していれば iPad miniだけで電波が拾えるようになります。

日本ではeSIMは普及していませんが、海外では使う機会が多いので海外旅行に行く方にはぜひ欲しい機能です。

個人的には海外旅行に最適なiPadだと思います。

ブラウジングに最適な大きさなので、地図やガイドマップの利用に、旅券やバス・ホテルの予約・管理にも便利です。

Cellularモデルは懐に大ダメージ

eSIMは海外では使えますが、日本では普及していません。

そのためiPad miniをWi-Fiなしで使うにはセルラーモデルを購入する必要があります。

ただ64GBのWi-Fiモデルが税別45,800円なのに対してWi-Fi + Cellularモデルだと税別で60,800円なんですよね・・・。

4万5千円と6万円の壁はでかいです。

特にタブレットに払うには高すぎます笑

日本に住んでいるならiPad miniだけでも運用したかもしれません。

しかし私みたいにアルゼンチンとかいう治安の悪い国に住んでいると状況は少し違ってきます。

iPad miniを気軽に取り出して触れるほど優しい国ではないので、Wi-Fiモデルで良かったのかなーと納得しています笑

どうせ家とか室内でしか使わない、もとい危なくて使えないですからね笑

ガジェ江
あと単純に高いよね
そこなのよーー
バカロカ

 

気になる点

そんなほぼ完成されたミニタブレットのiPad miniですが、個人的に気になる点もなくはないです。

気になる点

  • 高い
  • 入力が不便

高い

これはiPad miniというよりはApple製品全体の問題ですが、値段設定が全体的に高くなってきています。

コスパがいいと言われている2018年のiPadですら、3万4千円。

そしてこのiPad miniは最低価格の64GBのWi-Fiモデルが税別45,800円です・・・。

おま、これは高いよ・・・。

Androidの安かろう悪かろうタブレットに目移りするのもわかります。

せめてあと一万円ほど引いてくれたら、まだ購入の壁が下がるのに・・・。

ただそれでも買ってしまうファンがいるのが問題なんですよね、やれやれ。

ガジェ江
てめえのことやろがい

入力が不便

iPad miniの気になる点として入力が不便というのがあります。

iPad miniは3D Touchタッチを搭載していません。

そのためiPhoneのようにカーソルの移動がしやすいわけではありません。

またiPad ProのようにSmart Keyboardがあるわけでもないので、 入力は結構不便です。

メールやメッセンジャーをチェックしてそのまま返事したいのですが、少し3D TouchタッチやSmart Keyboardに慣れているとこれが結構大変です。

スペースキーを長押ししないとカーソルの移動ができないというのは超不便です。

二本指をキーボードに置けば、簡単にカーソル移動できますが、まだ慣れていません笑

記事執筆やブログ編集のために買ったわけではないのでそこまで気にはなりませんが、メール返信ぐらいは不便なくしたいものです。せめても。

iPad miniで入力の作業をするときにはBluetooth対応のキーボードは必須です。

iPadOSから

iPadOSになってから、入力の不便さは改善されました。

iPadOSで片手入力モードが追加されました。

これは通常のキーボードを二本指で真ん中にピンチすると片手入力モードになります。

通常のキーボードに戻すときは、反対に二本指でズームインするモーションをすれば戻ります。

 

まとめ

以上がiPad miniを1ヶ月以上使い倒してのバカロカの総合レビューでした。

欠点らしい欠点は特になく、タブレットとしてサイズから電池持ち、性能、ディスプレイの質等全てパーフェクトです。

iPad mini 5は以下のような方は絶対に購入するべきiPadです。

iPad mini 5はこんな方におすすめ

  • 小さくて高性能のタブレットを探している
  • 今手元にあるiPad miniの動きが重い
  • iPhoneより大きい画面のデバイスが欲しい
  • タブレットに興味がある
  • iPadで勉強・イラスト制作をしたい方
  • 動画視聴やブラウジングをソファやベッドでする機会が多い方
  • ビデオ電話をよくする方
  • 海外旅行をよくする方
  • すでにiPadを持っていて、小さいタブレットが欲しい方

デザイン、動画編集・写真編集といった重い作業をする予定でなく、小さいサイズのタブレットが欲しいと思っている方にはぴったりの一台です。

動画の視聴、読書、インターネットブラウジング・ゲームをタブレットでしたいと考えている方にはiPad miniはとてもおすすめです。

私は家の中ではiPhone 11 Proよりも、iPad miniを常に持ち歩いています。

やっぱり、少しでも大きい画面のほうが快適ですからね。

iPad miniの関連記事

 

勝手にQA

ここからは以上の総合レビューを踏まえて、頻繁に聞かれる(であろう笑)QAを勝手にしていきます。

iPad miniは買い?

iPad miniを購入する価値はあるか?

逆になんでないと思うの??
バカロカ

ガジェ江
質問を質問で返すなあーっ!

ひィィィィィィィ。購入する価値ありまぁーーーす!
バカロカ

iPad miniはiPhoneユーザーでもAndroidユーザーでもどちらでもおすすめできるサイズ感最強のタブレットです。
答えはもちろん買いです。

Androidユーザーにもおすすめ?

どうしてAndroidユーザーにもおすすめなの?

Androidタブレットでこのサイズ感で完成されたタブレットがないからです。(断言)
バカロカ

スマホと違い、ことタブレットに関してはAppleが抜きん出ていると個人的に思います。

そのため、完成されたタブレットを快適に使いたいならiPad mini一択だと思います。

AppleのアプリはiPadに最適かされたものですので、シンプルにフリーズなどが少ないです。

Androidはその点、スマホ・タブレットと混同しており、機種によっての動作がマチマチですのでiPadにはその点では優勢です。

そして小さいサイズのタブレットでここまで完成されているのは現時点ではiPad mini(第5世代)だけです。

iPad vs iPad mini

iPadとiPad miniはどちらがいいの?

サイズ感の好き嫌いによるとしか言えません。
バカロカ

iPadとiPad miniはほとんどできることが同じです。
どちらのiPadもApple Pencilも使えますし。

唯一の違いはそのサイズ感ですので、ベッドで何かしたいのならiPad mini、とにかくコスパよくiPadを手に入れたいならiPadという考え方でいいと思います。

今現在の購入できるiPadで使用目的にあったおすすめのiPadは下記のリンクで紹介しておりますので、そちらをご参考にしてください。

【2020年5月】iPadスペック・サイズ・価格徹底比較!【iPad・Pro・Air・mini、おすすめはどれ?】

Wi-Fiモデル vs セルラーモデル

Wi-FiモデルとCellularモデルとどっちがおすすめ?
コスパを考えるならWi-Fiモデルですが、外でも使う予定があるならCellularモデルです。
バカロカ

ただしスマホとタブレットの2台同時に持ち運ぶ予定なら、Wi-FiモデルにしてWi-Fiポケットを持ち歩いた方がいいと思います。

iPad mini単体で持ち歩く予定ならCellularモデルがおすすめです。その時は格安SIMなどと組み合わせればコスパ良くiPad miniをどこでも楽しめますよ。

関連記事

 

今日のガジェ道

バカロカ

iPad miniは新しいタブレットを探しているどんな方にもおすすめのデバイスです。サイズ・チップ・用途全てがパーフェクト・セルです。つまりさいつよ。

 

おすすめのiOSアプリ

 

おすすめアプリ

 

iPadの選び方

iPadをモデル別に徹底比較した記事を読んで、あなたにあったiPadを選びましょう。  
【2020年5月】iPadスペック・サイズ・価格徹底比較!【iPad・Pro・Air・mini、おすすめはどれ?】
   

コメントとシェアのお願い

 
ガジェ江
記事についてご質問や感想があればぜひコメントお願いします。
SNSでいいね!シェアもしてもらえると運営者もなんとか頑張れるのじゃ。
ガジェの助
 

このサイトのTwitterでは

Twitterでも最新のガジェット情報やサイトの更新情報をお伝えしております。ぜひフォローお願いします。 Twitterで質問等にもお答えしております。お気軽にご連絡ください。

 

Sponsored Link

-iPad, レビュー
-iPad mini

© 2020 ガジェ道

Secured By miniOrange