生活を豊かにするもの。ガジェット。Apple製品情報多め。

ガジェ道

雑談

iPhone 11 Proが日が経つごとにいいなと思えてきた件。

投稿日:2019年9月18日 更新日:

バカロカ
こんにちは!平成最後のガジェット界の麒麟児、@バカロカです!
この記事ではiPhone 11 Proについて思うことを話していきます。

実はあれだけイベント中はしっくりこなかったiPhone 11 Proですが、日にちが経ってきて思うのは「あれ、iPhone 11 Proなかなかいかすんじゃね?」ってことです。

今回は意外とiPhone 11 Proの気持ちが傾いてきている私バカロカの心情を勝手に買いていきます笑
もう完全に書きたいから需要なぞ関係なく書いていくスタンスです笑

先にいいなと思える点を言っておくと、トリプルレンズはもちろんですが、iPhone 11シリーズのカメラ性能のアップグレードに全ての画角を網羅することによる、ビデオ・カメラの完成さに惹かれています。
一眼カメラなども触るのが大好きで、写真が特に好きなのですが、もしiPhone 11 Proを購入すればそれがきっかけでビデオのほうも始めちゃおうかなーなんて考えています笑

 

iPhone 11 Proについて思うこと

https://www.apple.com/


まずは私の気持ちの変化の経緯をば。

今年のAppleスペシャルイベントより前のリークで、トリプルレンズになる予定、またそのトリプルレンズのリーク画像を見たときに、日本ではボトムズやらタピオカやら揶揄されていましたが、私は逆張りとかではなく素直に「かっっけええええええ」と思いました。

アメリカ人はミッ○ーやらガスコンロやら言っているみたいで、日本だけでなく本国でも不評のようでした。

それでも全然ありで、むしろ機械的でかっけーと思っていました。

そしてイベント当日に、iPhone 11 Proよりも一つ前に発表されたiPhone 11を見て、「あれま、これProなんかいらなくね?」となりました。
その理由としては普及モデルにしてすでに広角がついていたためです。

今までの各メーカーはデュアルレンズの組み合わせは望遠と標準レンズが多く、広角はハイエンドモデルに採用という形で値段に差をつけていました。
しかしiPhone 11では標準モデルにあたるiPhone 11にすでに広角が採用されているため、上のモデルを選択する意味は薄いように感じました。

望遠が上のモデル(ハイエンドモデル)のiPhone 11 Proにありますが、私は正直スマホの望遠は画質が粗くなるんでしょ〜という穿った見方しかしていないです笑
なのでそこまでProモデルを購入する必要がないんじゃないかな〜とイベントの時には思っていました。

そしてTwitterで独り寂しくイベント中継している時もただただiPhone 11が輝いていました。
前年度の同機種にあたる型のiPhone XRに比べても50ドル安い上にデュアルレンズで、いろいろ改善されてるんですよ?
コスパの面でもiPhone 11しか買うもんないやんけとまで思っていました。

iPhone 11シリーズの特徴とスペック表は下記のリンクにまとめております。


iPhone 11シリーズのスペック早見表。無駄な情報は一切なく、超見やすいiPhone 11シリーズの情報まとめ。

 

iPhone 8と比べて

イベントの翌日、ベッドから起きたときに「いや、よう考えたらiPhone 11 Proも悪くないんじゃね・・・?」という思いも出てきました。
イベントの日は会社でこそこそばれないようにイベントを見ながらtwitter実況を孤独でするという荒技をしていたので気づかなかったですが、意外とiPhone 11 Proもありな選択肢に思えてきました。

iPhone 11 Proもありだなーと思える点はこちらです。

ポイント

  • トリプルレンズ
  • バッテリーライフ
  • ビデオ性能
  • 「Pro」という名前笑

私は今iPhone 8を使っているので、上の4点は確実に優っている点です。

特に今回の目玉アップデートのカメラ性能は段ちなんでしょうかね。
広角があるだけでもいいのですが、せっかくならやっぱり望遠も欲しいというもんですわ。

A13 Bionicのようなプロセッサーのアップデートもありますが、正直これはバッテリーの改善以外にそこまで感動できるレベルなのかは疑問です。

というのも最近のスマホはすでに完成しているので、チップの性能差は日常で使う分のアプリなどでは感じにくいです。

反対にiPhone 8から乗り換えるのに、うーんと感じる点も少なからずあります。

うーんな点はこちらです。

うーんな点

  • iPhone 8に比べると大きい
  • ジェスチャー操作
  • 値段

https://www.apple.com/

iPhone 8が4.7インチに比べてiPhone 11 Proは5.8インチになります。
一回りも大きくなるので、ポケットに入れた時の違和感が半端無いでしょうが、まあ慣れるでしょう。

iPhone 11のほうが6.1インチと大きいので、実はiPhone 11 Proのほうが今回の中で一番小さいサイズというね笑

あとはホームボタンではなくなることによる、Face ID、ジェスチャー操作ですが、ここらへんも慣れですね。
指紋認証のほうが楽だし、ポケットの中でも暗闇でも確実にロック解除できるのがいい点なんですけど、時代の流れに乗りましょう(今更笑)。

上記2つは慣れでなんとかなりますが、問題はその値段という方が多いのではないでしょうか。
スマホに10万円って・・・。

カメラにもなるし、いろんなことができるし、今時のハイエンドモデルならまず間違いなく使おうと思えば5年以上は使えるので、長い目でみれば、1年2万円で使えます(錯覚)。
1年で2万円、つまり1ヶ月約1666円です!安い!!!(錯覚?)

長い目で見れば10万円も納得できるものだから、私的には支払ってもいいかなーって感じです。

私的に一番ひっかかるのはサイズですね。
iPhone 8のサイズって個人的に一番いいとこだと思うんですよ。
iPhone SEこそ至高というコアなファンもいらっしゃいますが、iPhone 8もすごくサイズ感がいいですよ。

今でも売上好調のiPhone 8を1年使って気づいたメリット・デメリット8つ。

 

DSLRと比べて

最初はiPhone 11 Proに比べればレンズ交換や周辺のアクセサリーの豊富さも含めてDSLRのカメラでよくねと思いました。
特に今買い物リストのトップにあるSony a7 3買ったほうが幸せだし、コスパいいんじゃないかなーとも思っていました。

しかーーーし、全てiPhoneで完結できるし、荷物も(もしかしたら)減るかもしれないし、なによりiPhoneで全部こなせるのってトレンディやんけ・・・と心が揺らぎ始めました。
カメラはセンサーサイズの大きさや交換レンズによる圧倒的なアドバンテージはあるものの、カメラだけでは完結できません。

iPhone 11 Proは画像も動画も編集(しようと思えば)できるので、その点では大きなアドバンテージです。
そしてカメラと違ってどこにでも持ち運べるので、シャッターチャンスが増えることも間違いないです。

iPhone 11 Proにするべきかアメリカ人の友人に相談したところ、ビデオに興味があるならやっぱりiPhone Proしかないよねという結論に。

でもぶっちゃけビデオなんて子供しか撮りません笑
そ、それでも今しか撮れない、子供の成長過程を記録するのにいいんじゃないかなと勝手に自己催眠をかけているところです笑
運動会前にはりきって、キヤノンのEOS kiss買う感じなんでしょうね笑

一眼レフと違って、レンズの買い増しも必要ないし、年中確実に使うからカメラよりコスパ高いから(震え声)と自分に言い聞かせまくって、購入意欲を高めています笑

実は結構気持ちは固まっていて、もう結構購入の方向で進めています。

購入までの計画プランは別の雑談カテゴリーでまとめていきますのでお楽しみに笑

 

個人的まとめ

バカロカ
iPhone 11 Proは電話・メッセージ・SNS・インターネット・ゲーム・アプリ・編集・なんでもできる2019年最高峰のカメラ(もといスマホ)。
特にカメラ性能と撮った写真を仕上げるための編集をするのに最適なディスプレイ、昨今のトレンドを制覇するのに特化したスマホ。

-雑談
-

Copyright© ガジェ道 , 2019 All Rights Reserved.