生活を豊かにするもの。ガジェット。Apple製品情報多め。

ガジェ道

iPhone 2019年

iPhone 11シリーズのカメラの進化点「次世代HDR」とは?スマートHDRの劇的な進化で写真の出来が大幅に改善される?

投稿日:2019年9月19日 更新日:

バカロカ
こんにちは!平成最後のガジェット界の麒麟児、@バカロカです!
今回はiPhone 11シリーズで強化されたスマートHDR(次世代HDR)という機能について写真を使って簡単に説明していきます!

スマートHDR自体は新しいシステムではありませんが、iPhone 11シリーズになり次世代HDRという風に呼ばれ始めたこの機能のおかげでiPhone 11ではより写真が綺麗に撮影できるようになりました。

当記事ではiPhone 11シリーズでより進化した「次世代HDR」を説明するために、スマートHDRとは何か?スマートHDRがあればどのような写真が撮れるようになるかを写真を使いながら簡単に説明していきます。

iPhone 11 Proのカメラ先行レビューは下記のリンクにまとめております。

 

HDRとは?

そもそもHDRとはHigh Dynamic Rangeの略で、ダイナミックレンジ(輝度情報のうち最も明るい部分と暗い部分の幅)が広いですよーということです。

ガジェ江
つまり・・・?

つまりダイナミックレンジが広いとバランスの取れた写真が取れるよーってこと。
バカロカ

反対にダイナミックレンジの幅が狭いと、以下のようなことが起きます。

ダイナミックレンジの幅が狭い

  • 逆光では対象が真っ黒になって何も取れていない
  • 雲が白とびする
  • 影があると何も見えない

上のケースは写真を撮影する上では避けたいことの典型例だと思います。
こういった失敗を避けるためにもダイナミックレンジの広さというのはとても大事になります。

ガジェ江
オーケーオーケー

HDR

スマホのカメラにおいては、「HDR」という言葉はダイナミックレンジを広くするための撮影技術のことになります。
明るい写真、暗い写真、中間の写真を同時に撮影し、それらを合成することで多くの輝度情報を一枚の写真に残す技術を「HDR撮影」と呼んだりします。

よりわかりやすく説明するために、普通に撮影したものとHDR撮影したものを比較してみましょう。


通常撮影のものはiPad miniの画面は白とびしていますし、後ろにあるプラ袋も白とびしておりぼやーっとしていますね。
一方HDR撮影したものはiPad miniの画面が写っていますし、後ろのプラ袋も通常の写真に比べると詳細が残っています。

HDR撮影


HDR撮影はiPhoneにある標準カメラの左上をタップしてオンにすれば使えます。
情報をしっかりと残せる分、手振れには弱いので撮影するときは動かないものやしっかりと固定して撮影することが綺麗に撮るコツです。

私が愛用しているカメラアプリ、「Pro Camera」でも同じくHDR撮影がありますが、標準カメラが一瞬で終わるのに対して、こちらは物理的に3〜5回写真を撮りますのでより輝度情報を収めることができます。
また撮影後にもフィルターを選択できるので、仕上がりを自由に選べて便利です。

iPhoneの有料カメラアプリの決定版!!Pro Cameraの便利すぎる機能と撮影方法の紹介です。

 

スマートHDRとは?

HDRは輝度情報を多く残すために、複数の写真を合成する技術のことですが、それではスマートHDRとは何でしょうか?

「スマートHDR」はiPhone XS/XS Maxから採用された、HDR合成の改良版のことです。
A12 Bionicプロセッサや、より速くなったISP、ニューラルエンジン、高度なアルゴリズムといった複数のテクノロジーを活用した技術により、ダイナミックレンジをより効果的に広くすることを可能にした技術です。
プロセッサやセンサーなどのハードウェアのに依存する新機能ですので、iOSのアップデートで従来の機種でも使えるものではありません。

スマートHDRが現在使えるのはiPhone XSシリーズ、iPhone XR、iPhone 11シリーズに限られます。


 

iPhone 11シリーズのスマートHDRはこう進化した

Apple公式ではiPhone 11シリーズのスマートHDRを次世代HDRと呼んでいます。

次世代のスマートHDRは、先進的なアルゴリズムを使って、あなたの写真にあるハイライトとシャドウのディテールを調整します。しかもこれからは機械学習を活用して、写真に写った顔を認識。その明るさを賢く引き立てます。つまりiPhone 11 Proは、被写体と背景の両方のディテールを自動で微調整できるのです。一眼レフでも、ここまでできるカメラは限られています。

Sauce by https://www.apple.com/jp/iphone-11-pro/

これは以前までのスマートHDRと違い、これからの次世代のスマートHDRは写真の中の顔や対象を解析して、それぞれにあった処理をしてくれるよーということです。
全てにただ同じ処理をするのではなく、対象に適した処理をしてくれるのでより写真の出来がよくなります。

 

次世代HDR

現在iPhone 11シリーズの先行レビューを海外のYouTuberたちがしています。
彼らの多くが、iPhone XSに比べてiPhone 11シリーズの写真の撮影クオリティが大幅に上がっている理由のひとつに、この「スマートHDR」の大幅な進化(=次世代HDR)を挙げています。

よくわかりやすい写真例をあげていているのが、海外大手テックメディアの「The Verge」のiPhone 11 Proをハンズオンして、レビューした「iPhone 11 Pro review: the BEST camera on a phone」です。

写真のクレジットは全て「https://www.youtube.com/watch?v=iNk5Res9bB0」です。

進化したスマートHDR

女性をビーチで撮影します。

出来上がった写真がこちらです。
スマートHDRを使用するとiPhoneは少し処理時間がかかります。

スマートHDRはまず、5枚の明るさの違う写真を撮ります。

その後に過度に露光した写真を加えます。
これはiPhone XSとPixel 3でも同じ処理がされます。Pixel 3では過度に露光した写真は使いませんが。

複数の写真を撮影した後にスマートHDRとSemantic RenderingとAppleが呼ぶ技術は写真を解析し始めます。


空などの情報を解析します。

解析が終了すると過度に露光した写真と処理をする元になる写真よりも暗い4枚の写真を使ってディテールを加えていきます。

そのときに解析された顔・髪・空などは、それぞれにあった調整・処理がされます。

髪はシャープに処理されますが、空には適用されません。
空はノイズを削減する処理をされるだけです。

顔は明るさ調整に、まつげなどの部位をシャープにして強調してくれます。

スマートHDRは極端に顔をフラットにしないようにもしてくれます。

iPhone XSのように顔にある強めのハイライトをとることはもうありません。
このハイライト処理のおかげで顔をさらに自然な感じにしてくれます。

そのかわり、他の部分で必要なハイライトやシャドウは適した形で処理してくれます。

そして処理が終わって完成した写真がこちらです。

これらの処理は一瞬で終わります。
それだけA13 Bionicのプロセッサの馬力がすごいことがわかります。

バカロカ
何これしゅごい!!!!

 

まとめ

スマートHDRはiPhone XSから採用された写真を合成するシステムを強化したもので、iPhone 11シリーズではさらにそれを大幅に改善しています。
それはA13 Bionicやセンサーサイズ、アルゴリズム、機械学習など複数のテクノロジーを組み合わせたことで可能にしたものだからです。

次世代HDRとも呼ばれるこのスマートHDRの進化のおかげでiPhone 11シリーズではより撮影できるものが増え、表現の幅も広がることが期待されますね。

バカロカ
まじ早くiPhone 11 Pro買いに行きたい・・・。

うちにはiPhone 11買ってこいよ?
ガジェ江

バカロカ
多分ね・・・(意味深)

スマートHDRとはまた違う「Deep Fusion」もiOS13.2で使用できるようになりました。
こちらはスマートHDRとは違う写真の処理方法で、スマートHDRよりも仕上がりのクオリティを上げてくれる機能です。


 

今日のガジェ道

バカロカ

次世代HDRはまじぱない。テクノロジーによる処理で写真はもっと綺麗に撮れるようになる。

 

Sponsored Link

-iPhone 2019年
-, , ,

Copyright© ガジェ道 , 2019 All Rights Reserved.