生活を豊かにするもの。ガジェット。Apple製品情報多め。

ガジェ道

スマホカメラ比較

スマホカメラ比較頂上決戦。Huawei Mate 30 Pro vs iPhone 11 Pro vs Samsung Galaxy Note 10〜ナイトモード編〜【海外レビュー】

投稿日:2019年9月30日 更新日:

バカロカ
こんにちは!平成最後のガジェット界の麒麟児、@バカロカです!
今回は2019年現在発売されているハイエンドスマホのカメラ比較 〜ナイトモード編〜 です。

比較するスマホカメラはHuawei Mate 30 Pro, iPhone 11 Pro Max, Samsung Note 10 Plusになります。

この記事はMrwhosethebossの「Huawei Mate 30 Pro vs iPhone 11 Pro Max vs Samsung Note 10 Plus Camera Test Comparison!」を翻訳・編集したものになります。

ポートレートを比較した記事は下記のリンクにまとめております。

 

カメラのスペック

Huawei Mate 30 Pro

  • クアッドカメラ
  • 40 MP, F値1.6, 27mm (広角), 1/1.7", PDAF, OIS
  • 8 MP, F値2.4, 80mm (望遠), 1/4", PDAF, OIS, 3倍ズーム
  • 40 MP, F値1.8, 18mm (超広角), 1/1.54", PDAF
  • 3D TOF カメラ
  • デュアルLED
  • デュアルトーンフラッシュ
  • ビデオ 2160p:30/60fps, 1080p:30/60/120fps, 1080p:960fps, 720p:7680fps, gyro-EIS

ポイント

  • トリプルレンズ
  • 広角:F値1.8, 26mm
  • 超広角:F値2.4,13mm
  • 望遠:F値2.0,52mm
  • 次世代スマートHDR
  • 4K:24/30/60fps, 1080p:30/60fps, 720p:30fps


iPhone 11 Pro詳細レビュー。最高のカメラ性能なのか他メーカーのハイエンドモデルと比較してみた 〜写真編〜【海外レビュー】

iPhone 11シリーズのカメラの進化点「次世代HDR」とは?スマートHDRの劇的な進化で写真の出来が大幅に改善される?

Galaxy Note 10+

    トリプルレンズ

  • 超広角レンズ:16MP,F値2.2
  • 標準レンズ:12MP,F値1.5/2.4
  • 望遠レンズ:12MP,F値F2.1

Huawei Mate 30 Proが頭ひとつ飛び抜けてカメラにこだわっていますね。

 

ナイトモード

ナイトモードはGoogleのPixel 3に始まり、今やどのミッドレンジ〜ハイエンドスマホには標準の機能になりつつあります。

AppleもiPhone 11シリーズが唯一のナイトモードが搭載された機種になります。

バカロカ
はたしてどれぐらい暗くても綺麗に撮れるのでしょうか。

HuaweiがP20 Proの発売からナイトモードでの静止画撮影に関しては明らかにトップを走っていました。
しかし、P20 Proの発売以降、各メーカーがこぞって競うようになりました。

 

ナイトモード例

この写真では確立した勝者はいません。

Huaweiは空の写真を撮るときには優れています。
それは色を認識するシステムの違いによるものだと思われます。

それについての詳細は下記のリンクにまとめております。

全ての写真は三脚を使って撮影していますが、Note 10はとても暗く、iPhone 11 Proはグレーがかった色になっており、Mate 30 Proは少し焼けた感じで色も強調されすぎています。
実際に写真を撮影したときは、Mate 30 Proの写真のように紫がかっていた気もしますが。

 

Note 10+も全く悪いわけではない

上記3枚では暗い写真を製造していましたが、Galaxy Note 10+も暗いシーンでの撮影が全く悪いというわけではありません。

この2枚の写真は、本当に真っ暗な状態での撮影ですが、Samsungも明るさを引き出せてはいます。

Mate 30 Proは星を追跡するモードがあり、星が流れているような写真を撮影することができます。
三脚などの機材がそろっていれば、マニュアルで達成する必要もないので、これは本当に素晴らしい機能です。


 

ナイトモード・広角

次は今やハイエンドモデルには標準装備となりつつある超広角レンズでのナイトモード撮影です。

超広角はナイトモードがうまく働いている箇所もあれば、暗いままの箇所もありますね。
iPhoneとSamsungは、超広角に切り替えると大きく明晰さが落ちています。

さらに言えば、Appleのナイトモードは超広角では全く機能しなくなります。

この写真は、3枚とも手持ちでの撮影です。

Huaweiは見れるレベルで、iPhoneは全くダメ、Samsungはかろうじて見えるレベルの明るさです。

 

Huawei Mate 30 Pro

Huawei Mate 30 Proはナイトモードでも光学ズームが適切に機能しており、他の2つとは比べられません。


 

ナイトモード・ズーム

ナイトモードにおけるズームでは、Samsungが一番ダイナミックレンジに優れています。
 

フラッシュ

フラッシュは3機種とも悪くないです。
Huaweiがほかより少し明るいですが、いくつかの噂にあったように悪いものではありません。

対象のモーションですら捉えるぐらいには機能しています。

 

動画

 

まとめ

2019年現在発売されているハイエンドスマホのカメラ比較 〜ナイトモード編〜 でした。
Huawei Mate 30 Pro, iPhone 11 Pro Max, Samsung Note 10 Plusの様々な画角とナイトモードの性能について比較しました。

ポートレートモードの比較については下記のリンクにまとめております。


 

Sponsored Link

-スマホカメラ比較
-, ,

Copyright© ガジェ道 , 2019 All Rights Reserved.