生活を豊かにするもの。ガジェット。Apple製品情報多め。

ガジェ道

ガジェット 海外移住ガジェット

海外移住したいならパソコンは必須道具です。パソコンを使ってフリーランスで経済面をサポートしましょう。

投稿日:2019年6月2日 更新日:

バカロカ
こんにちは!平成最後のガジェット界の麒麟児、@バカロカです!
今回は海外に移住したいならパソコンは最低買っておきましょうねという話をしていきます。

今も昔も海外移住は憧れですよね。
私も若いうちに海外行っちゃろかと、世界中を回りながら働く海外ノマドになっちゃろかと思っているといつのまにかアルゼンチンに根を張っていました。

海外に行きたかった理由の最大の理由は会社で働きたくないでござると思っていたからです。
その思いが強すぎて、結局海外でも会社勤めをせずに3年間個人で働いてきました。

月収7桁とかそんな大それた数字はもちろん叩きだせない下層ブロガーですが、それでも数年間海外で生き残り続けられています。
海外で生き残るために必要な道具、それは超シンプルに「パソコン」です。

今更言う必要もないぐらい、パソコンは超必須道具です。

海外生活で必要な情報収拾にメール・ビデオ通話などはもちろん、経済面を支えてくれることも可能です。
クラウドソーシングと呼ばれるオンライン完結の仕事をパソコンを使ってこなすことで家計を支えることができるので海外移住の強い味方です。

使い方はそれぞれですが、パソコンを持っていて損することはひとつもありません。
そのため海外移住をする前にはぜひこの超万能マシーンことパソコンを購入しておいていただきたいです。

この記事では

どうして海外で生活していくのにパソコンが必要になってくるかを私バカロカの体験談を交えながら紹介していきます。

 

どうしてまずはパソコン?

海外移住をするのにまずは必要な道具としてよく言われるのがパソコンです。

ではどうしてパソコンが海外移住に必要なのでしょうか?
いろいろ理由はありますがその中でも特にこの理由でパソコンが必要というものを挙げてみました。

海外でパソコンが必要な理由

  • 航空券やホテルの予約が便利
  • Webブラウジングが楽
  • Skypeなどのビデオ通話が安定してできる
  • メールやメッセージの返信が楽
  • お金を作るマシーン

 

航空券やホテルの予約が便利

航空券やホテルの予約を取るときにはやはりパソコンが便利です。
ホテルなどは大きい画像で詳しく室内の様子やマップで周辺を検索するのに複数タブを使ったり大きい画面での操作が楽です。

航空券も詳しい情報や膨大な数から自分に合った航空券を探し当てるには大きい画面での操作が一番です。

航空券もホテルも比較しながら検討していくものなので、大きい画面に複数のタブで表示して比べられるのでパソコンが必要になってきます。

 

Webブラウジングが楽

スマホの小さい画面と違い複数のタブを開くことができる上に一度に目に入る情報量の多さも段違いです。
海外生活では調べごとが必然多くなるので、効率よく調べごとをするためにも大きい画面は正義です。

また海外生活で現地のことを調べるときにその言語がわからないときでも、素早く翻訳にかけることができます。
コピペもさっとでき、アプリの切り替えも必要ないので、やっぱりパソコンは必須だと認識させられます。

 

Skypeなどのビデオ通話が安定してできる

スマホと違い、ビデオ通話が安定してできます。
充電をしながら通話できるので電池切れの心配もなく、大きい画面で通話相手を見ることができます。

またビデオ通話をしながらでも、ほかの操作(Webブラウジング等)もできますので、1秒でも時間を無駄にしたくないならパソコンですね。

 

メールやメッセージの返信が楽

海外にいると、会社や学校にほかのサービスと連絡するのにメールの利用が多くなります。
メールは長文のものが多くなりがちな上に、前の会話を覚えておかないと返信できないのでスマホだとどうしても面倒になりがちです。
その点パソコンだと入力もスマホに比べても圧倒的に早いですし前のメールも見ながら返信できます。

 

スマホじゃだめ?

ガジェ江
スマホはどうなん?
外出先なら仕方ないね
バカロカ

メッセージにしてもアプリを切り替える手間が少なく、さっと返信できます。

ここまでの理由だとタブレットでも代替できますし、スマホでも時間がかかることを気にしないのならパソコンでなくても大丈夫です。
ただ私的には外出時ならともかく、家にいるときにスマホで上記4つのことをちまちまとするのは効率の観点で好みません。

タブレットでもスマホに比べれば大きい画面で使えますし、スマホなら外出先に多くの荷物を持ち運びたくないならそれでかまいません。
それでも私はスマホの次に海外移住に必要なものはタブレットよりもパソコンだと信じています。

その理由が

 

お金を作るマシーン

海外移住でパソコンがどうしても必要な理由はずばりこれです、パソコンはお金を作るマシーンです。
海外移住において言語の壁よりも真っ先にぶつかる当面の問題は経済面です。

航空券代に家賃、家具の買い揃え、そのほかの経費諸々と、とにかく海外移住にはお金がかかります

そんな経済状況を助けてくれる可能性を秘めている万能マシーンことドラえもんもとい「パソコン」様です。
パソコン様をどのように使えば経済状況を助けてくれるのでしょうか?

 

パソコンを使ってできる仕事例

さてパソコンを使ってできる仕事とはどのようなものがあるのでしょうか?

冒頭でも紹介したようにクラウドソーシングというオンライン完結の仕事からピックアップしてみました。
以下はほんの一例です。

仕事例

  • エンジニア、プログラマー
  • デバッガー、テスター
  • Webライター
  • 翻訳家
  • ブロガー
  • デザイナー
  • イラストレーター
  • Webメディアコンサル
  • カメラマン
  • YouTuber
  • ネットショップ運営

上記の仕事はパソコンがあれば世界中で仕事をすることができます
中にはパソコンだけでは完結しないものもありますが、タブレットやスマホではなくパソコンが必要になってくるものです。

その中でも私が海外でもパソコンがあれば働きやすいと思うものランキングはこちらです。

エンジニア・プログラマー

Webライター/ブロガー

翻訳家

 

エンジニア・プログラマー

これはまさにパソコンが仕事道具といったフリーランスの業種です。
パソコンがあればどこでも働ける仕事のトップだと個人的に思います。

ところが誰でもいきなりできるわけではありません。

なのでプログラミングの勉強は必要ですが、一度習得してしまえば海外での暮らしは楽になります。
昔と違い今はオンラインでのクラスやレッスンも幅広く普及しているので海外移住の前の忙しい時期でもプログラミングの習得は可能です。

 

オンラインクラス

オンラインスクールのメリットは全国どこからでも受講することが可能です。そのため自分の生活スタイルに合わせて学ぶことができるので仕事をしながら、海外移住に向けての準備にもちょうどいいです。

tech boostオンライン

tech boostオンライン
では家にいながらでもプログラミングの習得ができます。また、経験豊富なアドバイザーによるキャリア面談など エンジニアになるためのサポートも充実しています。エンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているため海外移住後でも実際に仕事を始められるのもポイントです。

海外移住の前にはオンラインで時間のあるうちにクラスを受講しておきましょう。



 

Webライター

これは私バカロカもしているフリーランスの仕事です。
未経験からでも始めやすい仕事です。

最低知識としてパソコンと検索の仕方にローマ字入力の方法さえ知っておけば始められる仕事です。

Webライターはアプローチの仕方や、SEOと呼ばれる分野について少し勉強すれば誰でも始められます。
始め方のヒントとしては、とにかく仕事を見つけることです。

仕事を見つけるためにはとにかくフリーランスの仕事が多いプラットフォームに登録することから始めます。
おすすめはやはりCrowdWorksサグーワークス
です。

登録してから、Webライターや記事作成の仕事をにとりあえず応募することが大事です。
どれだけ小さい仕事でも、数をこなすことで要領や仕事の流れが見えてきます。

最初はあまり大きい額の仕事は受注できないかもしれませんが、数をこなしていくことで必ず大きい仕事に辿り着けます。
良質な記事が書けるようになれば直接契約をしてもらえて専属のライターになることも可能です。

そうなれば専門性を生かした記事を定期的に書けるので海外移住後の経済面も安定してきます。





質の良い記事を書くためには、集中して入力し続けられるマシーンが必要なのでやはりパソコンでの作業がおすすめです。
検索と入力を同時に安定して行えるのはパソコンだけです。

また私が今検討しているように高品質のキーボードを購入することも大事ですね。
私の場合はもっと早くキーボードの導入をしてけば良かったと後悔しています。

Macbook Proの作業効率Up計画その2。最強のキーボードを求めて。


 

ブロガー

こちらもWebライターと同じように記事を書く仕事です。
ライターとの違いは雇われて書くか、個人で書くかです。

ブロガーの場合は締め切りや細かい条件はないので、個人の裁量で好きなように進めることができます。
その代わりどれだけ記事を書いても報酬が入らないこともあるので、ある程度の戦略を持って進めることが大事です。

ブロガーも記事を大量に書く必要があるのでスマホでぽちぽちするよりもパソコンでガガガーと書き進める必要があります。
また画像の加工やフォント等もパソコンでの操作が必然多くなる上に、パソコンでないといらいらするレベルです。

私がブログを書き始めるのにMacbook Proを相棒パソコンとして選んだ3つの理由。

私の場合はアルゼンチン観光についてのブログを個人でしています。
アルゼンチンの観光情報やレストラン情報についてまとめています。

こういう風に移住先の情報を記事にするだけでもいいです。
とにかく記事を書く練習にもなるので、最初はとにかく何でも書くようにすればいいと思います。

ただしブログを始める前の注意事項としては、無料ブログでは始めないことです。
ブログは書けば書くだけ情報が蓄積されるので、後から本腰を入れてブログを仕事をするときに今まで書いた記事を手放すか、手動でとても直さなくてはいけないことになりかねないからです。

そのため私のアドバイスとしては、独自ドメインを入手してサーバー代を払ってブログを始めることです。
サーバー代と言っても月額にすれば1000円程度ですので、自己投資ですし続けることで簡単にペイできるようになります。
そして何より、2年後3年後に本格的にブログやWebを作ろうと思って今まで築き上げてきたサイトを1から作り直すことがなくて済みます。

バカロカ
何を隠そう私も最初はBloggerから初めて後でWordpressに移行しました。そしてめっちゃ後悔しています笑

ブログの立ち上げ方はまた別の記事で説明しますが、お名前.comで独自ドメインを取得した後に、wpXレンタルサーバー

でサーバーをレンタルすればWordpressでのブログやWebサイトの運営が始められます。





 

どうしても無料で始める場合は

とにかく練習用と割り切った運営をするようにすれば良いと思います。
とりあえず書いてみる練習、投稿の練習、周囲の反応を探るのを目的としたものにすれば良いと思います。

あまり良質な記事を書いたり、量産しても無料ブログでは限界を感じ最終的には月額利用金を払ってでも次のステージに移りたくなります。

バカロカ
実際に私がそうでした。

そのため自分が思っていることを上手くアウトプットする練習の場として使う運用をおすすめします。

慣れてきて、今後も続けられそうだと思えば【独自ドメイン】
を取得してwpXレンタルサーバー

に月額支払ってWordpressで新しく自分が本格的に運営したいサイトを開設すればいいと思います。

 

翻訳家

翻訳家も海外移住先で見つけやすい仕事です。
移住先の言語と日本語でもいいですし、オンラインで英語またはその他の言語と日本語でもいいです。

翻訳業はピンキリなので、最低賃金に低いものから初めて経験を積めば、大きい仕事ももらいやすいです。
とにかくどれだけ安い仕事でも引き受けて、依頼者からのいいレビューをもらえ続ければ仕事はコンスタントに入ってくるようになります。

英語と日本語の仕事は数が多いので、最初はこれから始めるのもありです。
そして海外移住の基本として少なくとも英語が話せるに越したことはないです。

移住先の言語一本でもいいですが、その国が合わずにまた移住し直しとなると、今まで覚えた知識が無駄になりますが、英語ならどこででも話されています。

 

英語の学習なら

これもまたオンラインでの学習がおすすめです。
自分の好きな時間に好きなだけ学習できるのが近年の勉強のスタイルだと思います。

ある程度クラスを受けて自信がつけば、実際に外国人の知り合いをつくって英語を話す練習をすればいいですが、それまではとにかく自分で勉強しておきたいというならオンラインクラスがおすすめです。

その中でもおすすめのオンラインコースは

業界初・オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISH
です。

TOEICに対策として有名なプログラムです。翻訳の仕事をするにはTOEICでのスコアなどを実際のテストの用紙をアップロードすることで英語の実力を証明する必要があったりするので、TOEICのテスト対策をしておくことも大事です。
実際問題集のテキストや個人に担当コーチがつくのでオンライン完結でありながらも定期的に学習がどれだけ進んでいるかを実感できるのがポイント◎です。
スマホで勉強できるのでいつでもどこでも勉強できるのが最大のポイントです。

また日常英会話コースが無料でついてくるので、結局は海外移住後の英語の助けにもなるので、このTOEICコースが個人的に一番おすすめです。



 

短期でのコースなら

ボンクラ式ビジネス英語スピーキングがおすすめです。

こちらは1ヶ月という短期でのトレーニングを想定しており、「英語でビジネスをする」ことに特化した英語スピーキング教材です。
翻訳業務では自分のことをどれだけ依頼人にアピールできるかが鍵になってきます。

そのため日本語では伝えられるけど、英語では何と言えばいいかわからないと言った痒いところに手が届かないということがないようにしてくれる最強の教材です。
ビジネスに特化しているため、そのまま英語での仕事をする時にも役立ちます。

こちらもまたオンライン完結のため、時間がない方や場所にとらわれず勉強をしたい方にとってはありがたいプログラムです。


 

私の体験談

日本語の先生

私はアルゼンチンに引っ越しした当初は日本語の先生をしていました。
やはり言語を使うもので一番オーソドックスかつ簡単にできるのは日本語の先生ですからね。

そして何より現地の人と知り合いになれる機会が段違いに多いです。
相手も日本語を勉強したいという日本に興味がある人たちなので、好意があるのはわかっていますしね。
これのおかげで様々な職種の人と知り合うことができました。

MAX週に20人ほど教えていましたが、今は別の職種をメインに変えました。
そのため、お世話になっていて、まだ日本語を教え続けたいと思える生徒2人だけ良心価格で日本語のクラスを提供し続けています。
本当は私としても日本語を話し続けられるし、日本語独特の言い回しをどのように表現するかの良い練習になっているので、メリットはあります。

 

パソコンを使って

この時も自分で生徒を確保するためにWebサイトを作りました。
ここでもパソコンが大活躍でした。
イラスト制作やHPのデザインにHTMLとCSSを使うのにパソコンを使い倒しました。

メールやメッセージのやりとりもコピペで返信できるように一度設定すれば後が楽なのでやっぱりパソコンでしたね。

 

タブレットも

実際の授業の時には持ち運びやすさからiPad Proを持ち運んで使っていました。
テキストや手書きでのノート作成にはタブレットが大活躍です。

 

アルゼンチンブログ

こちらは日本語の先生をしながら途中で始めました。
ブログを始めた経緯などは下記のリンクにまとめております。

このサイトについて
私がブログを書き始めるのにMacbook Proを相棒パソコンとして選んだ3つの理由。

アルゼンチンブログも観光メインのものと移住生活メインのものとふたつに分けています。
もともとは移住生活をメインにしたものでしたが、紆余曲折して観光を主軸とすることにしました。

こちらはブロガーの項目のところでも述べましたが、最初はGoogleが提供するBloggerに独自ドメインをかませて運営していました。
今年の3月までそれで運営していたのですが、やはりいろいろと物足りなさや、これしたいのになーというものが出てきたため、卒業を決意しました。

それまでもBloggerの中でのテーマ替えやHTMLとCSSをいじりまくっていたのですが、結局Wordpressに移行したので、最初からサーバー借りとけばよかったばいと後悔しました笑



 

パソコン

こちらのブログはそもそもパソコンを購入したために始めたものです。
せっかくいいものを買ったのだから活用したいという思いでブログを始めました。

画像の編集や動画の編集にコードを書いたり、記事の執筆等パソコンがなければ何もできなかったでしょう。
タブレットでも代替できますが、冒頭でも述べたように効率が悪いんですよね。

大きい画面に、ファイル管理や作業ウィンドウの切り替えの速さ等、まだまだタブレットではパソコンに完全に取って代わることはできないと感じます。


 

ガジェ道

今年の3月に何個目かの個人ブログメディアとして開設しました。
ガジェット好きなので、こちらのサイトでは個人的に気になるものなどをゆるりと紹介しています。

完全に利益よりも趣味として運営しています。
それでも続けているうちにGoogle様から何か商品やサービスが先行で提供されないかなーという淡い期待はあります笑

10年以内には・・・!!

こちらも同じくパソコン超使ってます。

 

フリーランス

海外移住で日本語の教師と同じぐらいメジャーな仕事です。
フリーランス自体は一つの仕事ではありませんが、オンライン完結の仕事はやはり便利です。

私は日本語の教師を最初にしていましたが、それを見限ってオンラインでの仕事をメインに切り替えました。
理由は3つです。

切り替えた理由

  • ドルや円といった安定した通貨での支払い
  • 英語での仕事でスキルアップ
  • 現地でのコネクションは十分に作れた

おかげさまで現地でのコネクションは十分に作れました。これは日本語の先生を最初に初めておいてよかったと思う点です。
現地の人に知り合えるので、情報も信頼のできるものが手に入ります。

アルゼンチン情報を日本語だけで調べると少ない上にデータも古く怪しいものが多いです。
やはり現地の情報は現地人からです。

またアルゼンチンのインフレは2018年の1年での上昇率は他の国の10年分とまで言われるぐらいひどいものでした。
そのため日本語のクラスで稼いだペソはほぼ紙くずになりました。
これじゃあ敵わんとオンラインでの仕事の比重を重くしました。

 

フリーランスの業種

私がメインでするフリーランスの仕事はSEOライター、Webデザイン、翻訳等です。
これらはパソコンさえあればオンラインですべて完結できる仕事です。

大学でのコースとは全く関係ない分野のため独学が多くなりますが、それでも実践あるのみですね。
逆に言えば、そんな私でもパソコンさえあればなんとか海外でも生きていけます。

 

会社員←New

当サイトガジェ道の独自ドメインを取得してサーバーを契約した直後ぐらいに知人の紹介で、アメリカの大手企業での選考が始まりました。
オンラインでの仕事だけでも食べてはいけますが、毎回ドルからペソに変えるのは面倒な上に、アルゼンチンでも家を借りたり保険に入るのには肩書きが必要です。

給料はアメリカ大手企業とはいえ決して良くはなく(現地では優良ですが)、しかもペソ払いです。
とはいえそこは大手、福利厚生が神です。

福利厚生とベーシックインカムとして会社員をしながら夜はフリーランスで副収入を作っています。
アルゼンチンでは公務員でもなんでも副業は有りです。
というより副業しないと生きていけません。

会社でもパソコンを使った作業です。
これもパソコンの知識があるにこしたことはないので、やはり海外移住にはパソコンは必須だと思いました。

 

おすすめのパソコンは

おすすめのパソコンは別の記事で説明したいと思います。
最近は会社に勤めながら、夜はオンラインでの仕事に育児ですので、趣味でもあるブログをなかなか更新できません。
それでもバカロカさんの記事を楽しみにしている日本1億5千万人のためにライフポイントを削って更新していこうと思っています。

私が使用している仕事道具は下記のリンクにまとめました。

 

Sponsored Link

-ガジェット, 海外移住ガジェット
-, ,

Copyright© ガジェ道 , 2019 All Rights Reserved.