海外生活

海外移住に必要なたったひとつの仕事道具って?【仕事例も一部紹介】

バカロカ
こんにちは!平成最後のガジェット界の麒麟児、@バカロカです!
今回は海外移住に必要なたったひとつの仕事道具と、その例も1部紹介します。

今も昔も海外移住は憧れですよね。

私バカロカも若いうちに海外行っちゃろかと、世界中を回りながら働く海外ノマドになっちゃろかと思っていました。

そして気づけば、いつのまにかアルゼンチンに根を張っていました。

日本でもいろんなジャンルの仕事をしましたが、海外移住をしてからもいろいろな仕事をしました。

そしてどの仕事をするのにもたったひとつだけ必ず必要な共通の仕事道具があることに気づきました。

この記事では

海外在住歴5年目の私の経験を元に、海外移住に必要なたったひとつの道具と仕事例を紹介します。

バカロカはこんな人

  • 英語のオンラインクラス受講歴2年
  • TOEIC 910点
  • 英検準一級
  • 2011年初渡米
  • 2013年からアメリカ・シカゴに留学
  • 2016年にアルゼンチンに移住
  • 現在アメリカ系大手企業社員
  • フリーランスで英語の翻訳家

当サイトを運営している私バカロカはアルゼンチン在住で、大手アメリカ企業で働いています。

英語はすでに話せますが、帰国した時のためにTOEFLのような試験勉強をしております。

主にボキャブラリーを増やすことが今の課題です。

英語の勉強はiPad Pro 10.5インチとiPad miniと、ノートアプリ「Notability」と「GoodNotes 5」を組み合わせて勉強しています。

 

海外移住に必要な道具

海外で生き残るために必要な道具、それは超シンプルに「パソコン」です。

今更言う必要もないぐらい、パソコンは海外生活では超必須道具です。

海外生活で必要な情報収拾にメール・ビデオ通話などはもちろん、経済面を支えてくれることも使い方次第では可能です。

クラウドソーシングと呼ばれるオンライン完結の仕事を活用するためにはパソコンまたはiPadは必須です。

パソコンを使いこなすことができれば、海外でも家計を支えることができます。

使い方はそれぞれですが、パソコンを持っていて損することはひとつもありません。

そのため海外移住をする前にはぜひこの超万能マシーンことパソコンを購入しておいていただきたいです。

どうしてパソコンが必要なの?

ではどうしてパソコンが海外移住に必要なのでしょうか?

いろいろ理由はありますが、その中でも特に、パソコンが必要になってくる例を紹介します。

海外でパソコンが必要な理由

  • 航空券やホテルの予約が便利
  • Webブラウジングが楽
  • Skypeなどのビデオ通話が安定してできる
  • メールやメッセージの返信が楽
  • お金を作るマシーン

 

航空券やホテルの予約が便利

航空券やホテルの予約を取るときにはやはりパソコンが便利です。

ホテルなどは大きい画像で詳しく室内の様子やマップで周辺を検索するのに複数タブを使ったり大きい画面での操作が楽です。

航空券も詳しい情報や膨大な数から自分に合った航空券を探し当てるには大きい画面での操作が一番です。

航空券もホテルも比較しながら検討していくものなので、大きい画面に複数のタブで表示して比べられるのでパソコンが必要になってきます。

 

Webブラウジングが楽

スマホの小さい画面と違い複数のタブを開くことができる上に一度に目に入る情報量の多さも段違いです。

海外生活では調べごとが必然多くなるので、効率よく調べごとをするためにも大きい画面は正義です。

また海外生活で現地のことを調べるときにその言語がわからないときでも、素早く翻訳にかけることができます。

コピペもさっとでき、アプリの切り替えも必要ないので、やっぱりパソコンは必須だと認識させられます。

 

Skypeなどのビデオ通話が安定してできる

スマホと違い、ビデオ通話が安定してできます。

充電をしながら通話できるので電池切れの心配もなく、大きい画面で通話相手を見ることができます。

またビデオ通話をしながらでも、ほかの操作(Webブラウジング等)もできますので、1秒でも時間を無駄にしたくないならパソコンですね。

 

メールやメッセージの返信が楽

海外にいると、会社や学校にほかのサービスと連絡するのにメールの利用が多くなります。

メールは長文のものが多くなりがちな上に、前の会話を覚えておかないと返信できないのでスマホだとどうしても面倒になりがちです。

その点パソコンだと入力もスマホに比べても圧倒的に早いですし前のメールも見ながら返信できます。

 

スマホじゃだめ?

ガジェ江
スマホはどうなん?
外出先なら仕方ないね
バカロカ

メッセージにしてもアプリを切り替える手間が少なく、さっと返信できます。

ここまでの理由だとタブレットでも代替できますし、スマホでも時間がかかることを気にしないのならパソコンでなくても大丈夫です。

ただ私的には外出時ならともかく、家にいるときにスマホで上記4つのことをちまちまとするのは効率の観点で好みません。

iPadのようなタブレットならスマホに比べれば大きい画面で使えますし、スマホなら外出先に多くの荷物を持ち運びたくないならそれでかまいません。

それでも私はスマホの次に海外移住に必要なものはタブレットよりもパソコンだと信じています。

 

お金を作るマシーン

海外移住でパソコンがどうしても必要な理由はスバリこれです。

パソコンはお金を作るマシーンです。

海外移住において言語の壁よりも真っ先にぶつかる当面の問題は経済面です。

航空券代に家賃、家具の買い揃え、そのほかの経費諸々と、とにかく 海外移住にはお金がかかります。

そんな経済状況を助けてくれる可能性を秘めている万能マシーンことドラえもんもとい「パソコン」様です。

パソコン様をどのように使えば経済状況を助けてくれるのでしょうか?

バカロカ
パソコン様には頭があがりませんわ。

 

仕事例

さてパソコンを使ってできる仕事とはどのようなものがあるのでしょうか?

冒頭でも紹介したようにクラウドソーシングというオンライン完結の仕事からピックアップしてみました。

以下はほんの一例です。

仕事例

  • エンジニア、プログラマー
  • デバッガー、テスター
  • Webライター
  • 翻訳家
  • ブロガー
  • デザイナー
  • イラストレーター
  • Webメディアコンサル
  • カメラマン
  • YouTuber
  • ネットショップ運営

上記の仕事はパソコンがあれば世界中で仕事をすることができます

中にはパソコンだけでは完結しないものもありますが、タブレットやスマホではなくパソコンが必要になってくるものです。

その中でも私が海外でもパソコンがあれば働きやすいと思うものランキングはこちらです。

エンジニア・プログラマー

これはまさにパソコンが仕事道具といったフリーランスの業種です。

パソコンがあればどこでも働ける仕事のトップだと個人的に思います。

ところが誰でもいきなりできるわけではありません。

プログラミングの勉強は必要ですが、一度習得してしまえば海外での暮らしはだいぶ楽になります。

とはいえ、プログラミングも生涯学習のものなので、継続して勉強できるオンライン学習がおすすめです。

tech boostオンライン

tech boostオンラインでは家にいながらでもプログラミングの習得ができます。

また、経験豊富なアドバイザーによるキャリア面談など エンジニアになるためのサポートも充実しています。

エンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているため海外移住後でも実際に仕事を始められるのもポイントです。

海外移住の前にはオンラインで時間のあるうちにクラスを受講しておきましょう。

まずは無料説明会を受けてプログラミングをどのように勉強していくのか相談しましょう。

オンラインでプログラミングを学ぶなら「tech boostオンライン」

 

tech camp

tech campもまたオンラインでのプログラミング講座を受講できます。

tech campは以下のようなプログラミングを学びたい方におすすめです。

ポイント

  • Webサービス開発
  • デザイン
  • AI(人工知能)入門

詳しくはオンライン説明会で確認できます。

登録も10秒程度なので、プログラミングに興味がある方はぜひ参加してみてください。

全国いつでも、どこでも受けられるオンライン説明会

 

TechAcademy

TechAcademyは最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。

海外移住を決意して、忙しい方に特におすすめです。

オンラインで、最短4週間でプロになれるからです。

受講生に1人ずつ現役のプロのパーソナルメンターがつき、チャットで質問すればすぐに回答が返ってくるなどサポートが厚い点もおすすめのポイントです。

TechAcademyでは以下のプログラミング学習ができます。

ポイント

  • Webアプリケーションコース
  • Webデザインコース
  • アプリコース
  • Javaエンジニアコース
  • Pythonコース

今人気のプログラミングコースがたくさん用意されています。

こちらは無料体験が用意されているのでぜひ参加してみてください。

オンラインブートキャンプ無料体験

 

Webライター/ブロガー

Webライターのはじめ方

step
1
まずは各クラウドソーシングのプラットフォームにライター登録をします。

私もはじめはこの3つのクラウドソーシングのプラットフォームを登録してから仕事をはじめました。

今は専属契約でライター契約をしていますが、はじめはこのクラウドソーシングの登録からです。

step
2
プロフィールを充実させる

自分のできることを正直に、かつ誇張しすぎない程度に聞こえがいいようにプロフィールを作成しましょう。

依頼者はあなたのことをプロフィールでしか判断できないので、プロフィールを充実させるのは仕事を受注するための大前提ですよ。

step
3
片っ端から依頼に応募する。

最後に片っ端にWebライターや記事作成の仕事をにとりあえず応募することが大事です。

どれだけ小さい仕事でも、数をこなすことで要領や仕事の流れが見えてきます。

そしてレビューを得て、信頼を勝ち取っていくことがとても重要です。

 

翻訳家

翻訳家もフリーランスとしてはじめるには、Webライターと同じようにクラウドソーシングサイトに登録することからはじめます。

ステップも同じです。

その国の言葉と日本語、英語と第三言語など翻訳は海外在住者が真っ先に思いつく仕事だと思います。

翻訳家は、仕事をこなして評価を得ていくことで単価をあげていけるので、今すぐおすすめのクラウドソーシングサイトに登録して、応募をはじめてください!

海外でおすすめの仕事一覧は別の記事にまとめますので、そちらを参考にしてください。

 

まとめ

今回は海外在住歴5年目の私の経験を元に、海外移住に向けてパソコンを使ってできる仕事例の1部を紹介しました。

仕事だけでなく、海外生活のどの場面においても役に立つのでパソコンは絶対に購入してください。

これから海外移住を考えている方はパソコンと当記事で紹介したような仕事を検討してみてください。

   

コメントとシェアのお願い

 
ガジェ江
記事についてご質問や感想があればぜひコメントお願いします。
SNSでいいね!シェアもしてもらえると運営者もなんとか頑張れるのじゃ。
ガジェの助
 

このサイトのTwitterでは

Twitterでも最新のガジェット情報やサイトの更新情報をお伝えしております。ぜひフォローお願いします。 Twitterで質問等にもお答えしております。お気軽にご連絡ください。

 

Sponsored Link

-海外生活
-パソコン

© 2020 ガジェ道

Secured By miniOrange