生活を豊かにするもの。ガジェット。Apple製品情報多め。

ガジェ道

Apple 製品 Mac

私がブログを書き始めるのにMacbook Proを相棒パソコンとして選んだ3つの理由。

投稿日:2019年4月30日 更新日:

バカロカ
こんにちは!平成最後のガジェット界の麒麟児、@バカロカです!
今回は私がブログを書き始めるのにMacbook Proを選んだ3つの理由を紹介していきます。

ブログをする程度なら別にMacbook Proである必要はありません。
それでも私がMacbook Proを選んだ理由とどう言う風に使っているかを紹介していきます。

 

ブログを始めた動機

どうしてMacbook Proを購入したかを語る前にはこのブログを始めた理由は欠かせないものなので、先にかるーーーく説明させていただきます。

まず私が運営しているブログはこのガジェ道と「Vacaloca的アルゼンチン情報まとめ」がメインであと2、3つぐらいのサイトがあります。

始めに開設したサイトはアルゼンチン情報についてのものです。

これは2016年に移住1年目にして、ブエノスアイレス郊外で強盗に遭って情報の大切さを知りました。

それまでは移住する予定先のアルゼンチンの情報をあまり調べずに現地人に聞いている程度でしたが、この事件をきっかけに日本語や英語で治安・生活情報を調べるようになりました。

そして日本語での情報の圧倒的少なさにがっかりしました。
そこで自分と同じような被害に遭う人を減らせるようにと私自身がブログを通じて治安や観光情報を提供するようになりました。
要はBleachのいちごと同じですよ、「俺自身が月牙になることだ」理論です(?)。

 

パソコンを探し始める

おっしゃブログでもやっちゃろうかと意気込む私ですが、何事も形から入るタイプなので、とりあえずパソコンを新調してからにしよかとなりました。
その当時使っていたのは大学に入学するタイミングで生協につかまされた割高ポンコツノートPC6年もので結構がたが来ていたので、日本に帰国するタイミングで買い換えようと決めていました。

そのときにアメリカ人の友人でヘビーアッポーユーザーの家で見たあのかっこいいUIのMacに惹かれたので、とにかくAppleのMacを買おうとだけぼんやりと考えていました。

 

候補

その時の候補はMacbook ProまたはiPad ProかDell XPS13かでした。
ただXPS13は見た目はスタイリッシュなのですが、Windows10か7なら、7派だったし10にするのも面倒だしバージョンの更新を何年後かにしてまったく操作性が変わるのが嫌だったのでちょっと敬遠気味でした。
さらに店頭販売のモデルだとちょっと満足のいくものではなかったのでXPS13の購入は流れました。

パソコンを買うならWindows?それともMac?二つの違いは?どっちがおすすめ?

あの当時は航空券と妻に日本を見せるための観光・ホテル代にバス代やその他諸々の経費で、パソコンを買う前に魔法のカードの限度額が達してしまっていたので、パソコンを事前にオーダーするということができませんでした。

店頭に置いてあるパソコンを買うのは情弱でござると思っていたけど仕方なかったんですわ。

 

MBP

どうしてMacbookやAirではなくMacbook Proが候補だったかというと、やっぱりパソコンを買うならいっちゃんええやつがええやろ理論です。
その当時のハイエンドモデルを購入しておけば5年以上は使えると踏んでいました。

アルゼンチンという日本の真反対に住むと、なかなかパソコンを買うためだけに帰国するというのが難しいですからね。
またアルゼンチンでは関税が半分も取られるのでマーケットにあるパソコンの価格は強気の1.75倍ということもざらです。

なので帰国のタイミングでパソコンを新調するなら、ハイエンドモデルをゲットするっきゃあねぇ!
姉ちゃん!明日って今さ!と奮発しました。

こちらも上述の通り、魔法のカードの限度額の関係上事前オーダーができない状態だったので店頭モデルの購入でした。

アルゼンチンに帰国する3日前にしてようやく決断して買いました笑

Macbook Pro購入を検討している方に伝えたいメリットとデメリットの紹介です。

 

iPad Proにするかぎりぎり迷った末に

決断して買いましたとは言ったものの、新宿のヨドバシでぎりぎりまでMacbook ProとiPad Proどちらにするかぎりぎり迷っていました笑

妻はこういう機械系には全く興味がないので、ベンチで迷う私を40分ぐらい待っていました。
で、急かされて結局Macbook Proを購入しましたが、ナイスジャッジバカロカちゃんと自分を褒めてやりたいです。

その当時はiPad Proを触ってみて、最新の技術と未来を感じて心が揺らいでいましたが後にiPad Proを手にして思ったのは「あの時Macbook Pro買っといてよかったばい」でした。

というのもトラックパッドによるカーソル操作や、iOSとは違いMacでのアプリのパワフルな操作性にファイル管理・移動のしやすさがあります。
あとスマートキーボードがありますが、やっぱりF系のキーボードがないのは不便です。

ショートカットを使わないと作業が遅くて仕方ないです。
あとブログだけでなく、オンラインでの仕事にも使う予定だったので、使用するソフトや作業効率を考えるとタブレットではなくMacbook Proを選んでよかったとあとでしみじみと思いました。

これは私が古いタイプの人間でまだiPad Proの性能を最大限に引き出せてないからかもしれませんが、やっぱりひとつのデバイスで全部をしようとするのは無理がある気がします。

それぞれ特徴やできることの違いがあるので適材適所に使うことが大事だと思います。
Macbook Proはだいたいなんでもできる万能マシーンですが、ゲームをするのは対応しているソフトが少ないのでそこはタブレットのほうが優れていると思います笑

でもそれぐらいです。

 

両方手にした今では

ポイント

  • MBP→写真・動画編集、データの保存、サイト運営など重めの作業と作業効率が求められるもの
  • iPad Pro→イラスト制作、ノート、ゲーム、メール、外出先での作業

と言う風に使い分けています。
イラスト制作やノートの制作こそiPad Proの醍醐味です。

特にノート制作で使っているアプリ「Notability」はとても素晴らしいアプリです。
ノートだけでなく語学の勉強やいろいろなメモを取るのにも使っています。

Apple Pencilを使った最強のノートアプリ、Notabilityの特長と使い方。学生と勉強をする方に強くおすすめします!

両方手にした今ではMacbook Proは重い作業やファイルの管理など万能的に使っています。
iPad ProはイラストやノートなどApple Pencilをフルに生かした使い方やその持ち運びのしやすさを生かした使い方をしています。

私のApple製品と使い方。Macbook ProとiPad ProとiPhone 8にAirPods。んー、快適快適。

ただ私ぐらいの使い方ならiPad Proでなくてもいいとは思っています。
多分iPadのほうが経済的にも優しいのでおすすめです。

おすすめのiPadと選び方は下記のリンクにまとめました。

今おすすめのiPadはどれ?用途・サイズ・スペック・価格でみるiPad完全購入ガイド【 2019年】

 

なぜMacbook Proか

それではようやく本題のブログを始めるのになぜMacbook Proを購入したかについてです。
理由は3つです。

購入ポイント

  1. 圧倒的にシンプルで美しいデザイン
  2. スペック
  3. 持ち運びができる

私がMacbook Proをブログ開設に当たって購入した理由はシンプルにデザインがよくて持ち運びができるノートパソコンの中でも特に馬力があるからです。

この3つ揃ったパソコンというのは私の価値観ではMacbook Proだけでした。

え?それだけと思うかもしれませんが、これが超大事なんですね。

 

Macbook Proについて

Macbook Proについて私なりに思うところを率直に書いた記事はこちらです。

私がブログを書き始めるのにMacbook Proを相棒パソコンとして選んだ3つの理由。

こちらでは私が実際にMacbook Proをどのようにして使っているかなどについても触れています。

 

デザイン

圧倒的にシンプルで美しいデザイン。

実際に店頭で確認した時に唾を飲み込むぐらいシンプルで美しいデザインで感嘆しました。
もともと何事においても無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインを好む方だったのでMacbookはその点でドンピシャでした。

片田舎に住む私の父は国内産への信仰心が強かったので、私も大学を卒業するまではWindows搭載の国内産パソコンを使っていましたが、Macbookを前にしたらそんな気持ちもすぐ吹き飛びました。

もともとパソコンにおいて国内産かどうかは私の中では問題ではなく、デザインとスペックだけが大事だと思っていました。

ベゼル幅も小さく、ごちゃごちゃとした国内産のパソコンと違いスタイリッシュにシンプルなのはMacbook一択でした。
Asusや中華系のMacbookのパチモンもはびこる中で、やはりオリジナルがいいなというのが購入に踏み切った要因のひとつです。

黒いキーボードに銀の本体カラーもサイコーにまぶいです。

後ろの林檎マークは光りませんが、そもそも光っても見えないので関係ないです笑

私のMacbook Proは2016年 Touch Barなしです。
従来のUSBは廃止されUSB Type-Cポートがふたつあるだけです。

この利便性と引き換えに最高にイカスデザインを手にしました。
イヤホンジャックがあるだけましだと思います。

ただSDカードスロットぐらいはつけれたんじゃないかなと今でも思います。

 

デザインってそこまで大事?

デザインってそこまで大事?という声が聞こえてきそうですが、これめちゃくちゃ大事です。
ブログやサイトを運営する上でパソコンという仕事道具は毎日使うものであって、1日に触れる時間もめちゃくちゃ長くなります。
そんなサイト運営の相棒だからこそ 自分の気に入ったデザインであるというのはとても重要です。

服や髪型と同じで気に入らなければモチベーションが下がるし、反対にデザインが気に入っていれば触りたい、何かしたいという衝動からガンガン作業をするモチベーションにつながります。

本当にブログやサイトを長期運営させたいならまずは自分の気に入ったデザインのパソコンや作業道具を揃えることが大事です。

 

デザインがよくてもスペックは・・・

よく家電製品で女性をターゲットにピンクや赤にデザインを変えるだけでどれだけスペックはカスでも売れることがありますよね。
見た目だけの場合はダメですがMacbook Proの場合はスペックも大したものなので問題ないです。

デザインがよくてもスペックがダメなら結局モチベーションの低下に繋がるので、ある程度スペックもいいものを揃える必要があります。

 

スペック

私のMacbook Proのスペックをさくっと説明します。

  • 2016年・Touch Barなし
  • 13インチ Retina
  • メモリ 8GB
  • プロセッサ 2GHz
  • intel core 5
  • 250GB

ご覧の通り、なにもカスタマイズなしのデフォルト仕様です。
それでも写真や動画の編集という重い作業もサクサクです。

ブログは文字だけでも十分有効ですが、やはり写真や動画のようなイメージがあるほうがメディア媒介としては優れている気がします。
そのためデザインだけがいいパソコンではブログを運営するのには向きません。

ある程度重い作業をこなせる馬力のあるマシーンである必要があります。

私はPhotoshopやLightroomにFinal Cut Proを使いますが、Macbook Proでどのソフトを起動してもフリーズしたりかくつく経験はありません。
3年目になるMacbook Proはまだまだ現役です。

壊れない限り買い直しをする必要はありません。
ただキーボードのスペースキーが1度で2回入力したことになるのでバタフライキーボードの功罪は大きいですぞ。
最近はクラムシェルでの運用も考えています。

バカロカ
まずは大きい机が必要だずら

 

この程度のスペックなら

Macbook Proである必要はなくWindowsでも大丈夫です。
むしろWindowsの方がデスクトップなら安くつきます。

WindowsデスクトップならMacbook Proより安くて高性能のスペックが手に入るのにと揶揄されがちなMBPですが、ここが3つ目のMacbook Proを選んだ理由につながります。

 

持ち運びができる

デスクトップは高性能なフルパワーマシーンの上にMacbook Proに比べると料金が抑えられていますが、それでも私がMacbook Proを選んだ理由は「持ち運びができるから」です。

ブロガーはパソコンとアイデアさえあればどこでも仕事ができます。
特にアイデアというのが一番の武器でもあり、アイデアがなければどれだけいい機材を持っていてもお話になりませぬ。

アイデアの抽出の仕方は人それぞれでしょうが、時には家を離れてカフェなどで作業をすることで浮かぶアイデアもあるというものです。

そんなときにどこでも持ち運べて全く同じ操作で作業ができるノートパソコンというのはとても便利です。
ファンの問題や排熱性の問題は常にありますが、近年のものはそこまで問題でないように思います。

 

そしてこのノートパソコンというのはとても重要

アルゼンチンや他の発展途上国に住む海外ブロガーにとってノートパソコンというのはとても重宝するアイテムになります。
理由は簡単です。

電源が繋ぎっぱなしでなくていい。です。

持ち運びができるということは別のバッテリーシステムがあり、独立したバッテリーで起動することができます。
これは停電が多い発展途上国のような国ではとても重要な要素です。

現に私の住むアルゼンチンでも以前は夏は1、2週間に2、3回(合計4日以上)停電していました。
私が住んでいたのが郊外ということもありさらにその頻度は多かったですが、これがノートパソコンでなくデスクトップならそもそも家で起動すらできません。

仮にクラウドを利用して、外出先で作業を引き続きできますが、いれているソフトやキーボードなどの操作性の違いからいらいらや集中ができないことがあります。

これではせっかく気分転換に外に出て新しいアイデアを出そうにもいいものが浮かび辛いですよね。
そのため家でも外でも同じように使用できるモバイルパソコンってのは大事な決め手です。

 

タブレットじゃだめなの?

iPad Proを所有している私ですが、外では結局ブログの記事をがっつり書くことはなくメモ程度に抑えています。
Smart Keyboardの浅い打ち込みもですが、キーボードが小さいので誤入力が多いです。

あと私が愛用するスニペットのアプリが上手く共有できないので、スニペットなしで手入力というのがどうしてももうできないです。
一度スニペットの便利さを知ってしまう戻れなくなります。
いや怖いですね。

ただ何度挑戦しても私がMacbook Proに登録しているスニペットをiPad Proでも共有して使うことができません。
もしこれでスニペットがMacbook Pro、iPad Proの両方で同じように使えるならiPad Proでもいいという選択肢はでてきます。

それか家ではMacbook Pro、外出時にはiPad Proというものでもいいかもしれません。
私的には画像の編集をしたりしながらブログを書くので、その作業の滑らかさゆえにMacbook Proを酷使しています。

iPad Proでは文字に専念して書き続けるのには向いていると思いますが、どうしても画像を挿入したりファイル移動するのは苦手なイメージです。

マウスやトラックパッドに対応していないからかもしれませんね。
そういった点ではiPad Proがマウスカーソル対応になるかもという噂がありますが、早く対応してくれたら外でも作業ができるのでトラックパッドまたはワイヤレスマウスを購入するいいきっかけになりそうです。

 

iPhone・iPad

iPhoneやiPadを所有しているならパソコンはMacがダントツでおすすめです。
Apple製品の連携システムの素晴らしさたるや。
一度ハマると抜け出せません。


 

最後に

Macbook Proの購入ポイント

  • 圧倒的にシンプルで美しいデザイン
  • スペック
  • 持ち運びができる

以上のような点から私はブログを解説するに当たってMacbook Proを購入しました。

3つのポイントがそれぞれ独立したものでなく、全てが詰まっているパソコンというのが私の基準ではMacbook Proだけでした。

特にスペックにこだわりがなく、文字とアイデアだけで勝負をしていくと決めている方ならデザインと持ち運びができるか、大きさや重さなどで決めてもいいかもしれません。
その場合は完全に見た目にこだわりになるでしょうね。

私は欲張りなのでデザインだけでなくスペックや停電を踏まえて持ち運びのできるノートパソコンの中でもトップレベルのMacbook Proを選びました。
もしDell XPS13を事前にアップグレードして注文できていれば、今はXPS 13を褒め称えているかもしれませんが、実際私はMacbook Proを買って後悔したことは一度もなく、むしろ毎日Macbook Proを使ってなにかしらの作業ができて幸せとすら浸っています。

購入して3年目で、キーボードにこそ少し難がありますが、それ以外は全く不自由なく2019年現在でもバリバリ戦っていけるモデルだと思います。

ブログやサイトを運営するためにパソコンを探している方にただ伝えたいのは「デザインにもこだわれ」です。
スペックだけだと結局愛着が湧かずに、パソコンに向き合うだけでも苦痛になります。

それを避けるためにも自分の中でもキュンとするパソコン選びをしてください!

バカロカ
現場からは以上でーーす。

 

今日のガジェ道

ブログやサイト用のパソコン選びのポイントはデザイン、スペックそしてモバイル性です。
そして3つ全て揃ったパソコンがあなたにあうパソコンです。

デザインは人それぞれなので、店頭やAmazonの写真などは特確認してお買い上げください。

私の場合はたまたまMacbook Proだったというわけですが、今はそのUIや全てのデザインの良さ・シンプルさゆえにもうWindowsなんかには戻れない体にされてしまいました。

仕事でWindowsパソコンを使い時もありますが、時も読みづらくデザインもパッとせず無駄に大きいのでMacbook Proサイコーーーーーーを夏をエンジョイしたいですね。


 

Sponsored Link

-Apple 製品, Mac
-

Copyright© ガジェ道 , 2019 All Rights Reserved.