仮想通貨

MetaMask(メタマスク)にBSCネットワークを追加する方法

バカロカ
こんにちは!令和きってのガジェット界の麒麟児、@バカロカです!
今回はMetaMask(メタマスク)にBSCネットワークを追加する方法を説明します。

仮想通貨の取引所(CEX)を使わずに、仮想通貨を交換(スワップする)したい方はUniswap(ユニスワップ)やPancakeSwap(パンケーキスワップ)といったDEXを利用できます。

現在一般的によく使われているDEXはUniswapですが、取引手数料にあたるETHのガス代がとても高いのが懐につらいです。

2021年6月現在では、ピーク時のように一回の取引に100ドル以上といったことはなく、だいたい10-20ドルぐらいです(それでも高いです)。

ところが、Uniswapと同じく人気のDEX、PancakeSwapでは取引手数料は取引量にもよりますが、1ドル以下で取引することも可能です。

PancakeSwapを利用するために、MetaMaskを接続したい方はBSC(バイナンススマートチェーン)ネットワークを手動で追加する必要があります。

この記事では

MetaMask(メタマスク)にBSC(バイナンススマートチェーン)ネットワークを追加する方法を画像と一緒に簡単に説明しています。

 

MetaMaskにBSCを追加する理由

MetaMask(メタマスク)にBSCネットワークを追加する理由は、PancakeSwapがETH(イーサリアム)のネットワークチェーンではなく、BSC(バイナンススマートチェーン)というネットワークを使っているためです。

PancakeSwapにMetaMask以外のウォレットを利用する場合でもBSCのネットワークがあるウォレットをPancakeSwapと接続する必要があります。

PancakeSwapの取引手数料が安い理由はETHではなく、BSCチェーンによりBNB(バイナンス)コインをガス代として使うためです。

インストールしたばかりのMetaMaskにはPancakeSwapで使うBSCのネットワークがありませんので、自分で追加する必要があります。

以下ではMetaMaskのインストール方法、BSCネットワークの追加方法を説明していきます。

 

MetaMaskのインストール

PancakeSwapを利用するために、仮想通貨のウォレットMetamask(メタマスク)をインストール・設定する必要があります。

MetaMaskは仮想通貨のウォレットの事で、Google Chrome,FIrefox,Edge等ブラウザまたはiOS,Androidに対応しています。

当記事ではGoogle Chromeでインストール設定をしていきます。

下記リンクからMetaMask公式サイトにアクセスできます。

https://metamask.io/

Install MetaMask for Chromeをクリックすれば、Chrome ウェブストアの画面が開きますので、Chromeに追加してください。

Metamaskを作成する際にパスワードとは別に、「シークレットフレーズ」という12個の単語が表示されるので、必ずノートなどの物理的な紙に控えてください。

シークレットフレーズはパスワードとは別に、MetaMaskを復元する時等に使われます。

そのため、スクリーンショットやメモで保存をしている場合、流出すると他人にお金を引き出されることもありますので、注意してください。

 

MetaMaskの作成方法詳細

MetaMaskの作成方法詳細は以下の記事にまとめております。


 

MetaMaskにBSCの追加

インストールしたばかりのMetaMaskにはPancakeSwapで使うBSC(バイナンススマートチェイン)のネットワークがありませんので、自分で追加する必要があります。

step
1
MetaMaskを開く

Chrome右上にあるジグソーパズルのアイコンをクリックして、MetaMaskを開きます。

この後も頻繁に使うのでPinをしておくことをおすすめします。
 

step
2
MetaMaskを別タブで開く

MetaMaskにBSCを追加するためにはコピペが必要ですが、通常のウィジェットでは消えることもあるので、別タブで開きます。
 

step
3
Custom RPCからBSCネットワークを追加する

画面右上にあるアイコン左をクリックして、ネットワーク画面を開きます。

今の時点ではBSCネットワークはありませんので、Custom RPCをクリックすることでBSCネットワークを追加します。

 

step
4
BSCネットワークの設定を入力する

上の画像の様にコピペをして、セーブ、Add Networkをクリックしていけば、MetaMaskにBSCが追加されます。

コピペする内容はこちらです。

         

  • Network Name:Binance Smart Chain
  • New RPC URL:https://bsc-dataseed1.binance.org/
  • Chain ID:56
  • Symbol (optional):BNB
  • Block Explorer URL (optional):https://bscscan.com/

 

step
5
BSCが作成できたか確認する

BSCネットワークが無事に作成できたか確認する方法があります。

上の画像の様にメニュー→View in Explorerをクリックします。

すると、下の画像の様にパブリックになったあなたのBSCアドレスを確認できます。

口座内の残金からトランザクションまで公開されます。

さて、MetaMaskにBSCネットワークを追加すれば、後はBinanceで購入したBNBをMetaMaskに送金するだけです。

PancakeSwapの始め方は以下の記事にまとめております。


 

まとめ

この記事ではMetaMask(メタマスク)にBSC(バイナンススマートチェーン)ネットワークを追加する方法を簡単に説明しました。

MetaMask(メタマスク)にBSCネットワークを追加する理由は、PancakeSwapがETH(イーサリアム)のネットワークチェーンではなく、BSC(バイナンススマートチェーン)というネットワークを使っているためです。

インストールしたばかりのMetaMaskにはPancakeSwapで使うBSCのネットワークがありませんので、自分で追加する必要があります。

MetaMaskにBSCネットワークを追加すれば、BNBを送金してPancakeSwapを使い始めることができます。

   

コメントとシェアのお願い

 
ガジェ江
記事についてご質問や感想があればぜひコメントお願いします。
SNSでいいね!シェアもしてもらえると運営者もなんとか頑張れるのじゃ。
ガジェの助
 

このサイトのTwitterでは

Twitterでも最新のガジェット情報やサイトの更新情報をお伝えしております。ぜひフォローお願いします。 Twitterで質問等にもお答えしております。お気軽にご連絡ください。

 

Sponsored Link

-仮想通貨
-MetaMask, PancakeSwap

© 2021 ガジェ道

Secured By miniOrange