生活を豊かにするもの。ガジェット。Apple製品情報多め。

ガジェ道

シリーズ バカロカApple修行にアメリカに行く

【シリーズ】バカロカ、iPhone 11 Proを買いにアメリカに行く その12。オヘア空港着陸。友人との再会。

投稿日:2019年10月14日 更新日:

バカロカ
こんにちは!平成最後のガジェット界の麒麟児、@バカロカです!
今回は小シリーズ「バカロカ、iPhone 11 Proを買いにアメリカに行く」その12です。

前回はアトランタ空港でのストレスの溜まる乗り換えの手続きと、優しいCAさんに出会えた話でした。

今回はそんなストレスの溜まるアトランタ空港からシカゴに飛び立つ話です。

前回は乗り継ぎの時間がぎりぎりで余裕がなく、アトランタ空港の職員に大分心を削られました。
第3世界アルゼンチンに3年住んでいる私を怒らせるとは大したもんですよ。

そして今回はそんなストレスのアトランタ空港からイリノイ州のオヘア空港に向けて飛び立ちました。

荷物の置き場所がない

最後に搭乗することになったので、手元にひとつしかないキャリーバッグを置く場所がなくなっていました。
機内への預けは一人ひとつだから、そんなはずないんだけどなー(すっとぼけ)

で、前部分の鍵が壊れているから心配しながらも空にして預けました。

乗務員はやっぱり手抜き

乗務員もめちゃ適当で「よお、元気か」ぐらいの感じで話しかけてきます。
フランクといえば聞こえがいいですが、やる気なしにしか見えないです。

消防員が自販機でジュースを飲んでいただけでクレームをいれる国出身のものとしては、いかがなものかと笑

2時間の短いフライトなので、もうストレスを減らすためにただ寝ました。

意外とあっさりと

意外と煩わされることもなく、あっさりオヘア空港に着きました。
そして預けていた荷物もあっさり受け取れました。

しかも荷物検査とかもなくそのまま受け取り口が出口でした。

私が到着した日の朝からイリノイ州では豪雨で、その影響で友人は迎えが少し遅れるとのことでした。

なのでスーツケースを椅子がわりにして、iPad ProでApple純正のメモアプリに記事の下書きを無心に書いていました。

iPad Proの使用例。仕事にプライベートに大活躍です。Macbookの次にサブマシーンとして必須です。

友人が迎えに

そして1時間もしないぐらいで、友達がおじいちゃんと迎えに来てくれました。

オヘア空港周辺の道路は恐ろしく迷いやすいうえに、方向音痴な友人なのでずっと周辺をくるくる回っていました笑

久しぶりに会うとはいえ、毎日メッセージをしているので、特につもる話とかもないので、ひたすらアトランタ空港の悪口を言っていました。

豪雨の中、なんとか彼の家まで帰ってくると、部屋には私がAmazonやらなんやらでいろいろ買い漁ったもので溢れかえっていました笑

それはぼちぼち書いていきます。

次はついに!iPhone 11 Pro MAXとの邂逅編です。

-シリーズ, バカロカApple修行にアメリカに行く

Copyright© ガジェ道 , 2019 All Rights Reserved.